理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

【プロ野球選手解説】フライボール革命の申し子!!これがアーロン・ジャッジのバッティングフォームだ!!

f:id:pata0511:20200628124109p:plain

どうも!!

Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です!!

 

今回のプロ野球選手解説は

 

フライボール革命の申し子

 

アーロン・ジャッジ

 

です!!!

 

本編動画

www.youtube.com

 

構え

f:id:pata0511:20200628130826j:plain

メジャーリーガーらしい構え。

グリップは肩の高さ。

後肘は上げてフライングエルボーに入れやすい形、前の肩もやや深めに入れています。

後脚もやや内に絞る形。

全体的にトップに近い形でいつでも振り出せるように構えています。

 

ステップ

f:id:pata0511:20200628130844j:plain

上半身の形は変わりません。

前脚はわずかに上げるだけ。

後に引くことはほとんどありません。

真上に上げるだけにすることで後への平行移動が起こらないようにします。

後脚は圧縮ステップではなく、上に伸びてしまっています。

メジャーでは後股関節を圧縮するように沈み込むことで地面からの反力を受けパワーを生み出すのが主流ですが、ジャッジは圧縮ステップを行いません。

とはいえ、伸び上がりはわずかなので問題にならない程度かもしれません。

 

 

トップ

f:id:pata0511:20200628130912j:plain

上半身が大きく捻られている事がわかります。

ピッチングでは80%の力がこの時の捻転差(ヒップショルダーセパレーション)によって生まれると言われています。

バッティングも同様で下半身から生まれた力がここで増幅されます。

そして、ジャッジはトップの時でも腕の形が構えの時と変わっていません。

ここで腕が伸びてしまうとバットは遠回りしやすくなりインサイドアウト軌道になりにくくヘッドスピードも上がりませんし、インコースへの対応も難しくなります。

この動作は必ず取り入れて欲しい動作です。

また下半身ですが、前脚を前方に踏み込むのではなく戻ってきてしまっています。

このようになるとストライドが広がらなくなり、結果として重心を下げるのが難しくなります。

ジャッジがアウトローを苦手としているのはこの動作により腰高のまま振ることになり届かないからではないでしょうか?

 

 

 

スイング開始

f:id:pata0511:20200628130937j:plain

後肘がヘソに向かう(コネクション)、前の脇を空けて前の腕が肩のラインと並行になる(スパインアングル)。

これによりグリップ先行のインサイドアウト軌道になります。

回転も真横に降るのではなく、後ろの膝と後ろの肩を落とすことでバットのヘッドをレベルまで落としてきます。

この動作によって早い段階でバットとボールの軌道が一致するためコンタクトの確率が上がります。

またこの動作のおかげで前に突っ込む事がなくなります。

横回転ではこのようにはいきません。

 

ホームベースインパク

f:id:pata0511:20200628134709j:plain

インパクトの瞬間も全く肘が伸びずにホームベースの形をキープしています。

肘を伸ばさない事でスイングスピードは速い状態を維持できます。

フィギュアスケートのスピンと同じです)

また手首も返らないのでバットのブレがなくなり確実性が増します。

重心も後に残したままのため、身体も後に傾き、スパインアングルで振ったバットは自然とスイング後半にはアッパー軌道でバレルゾーンに入る事ができます。

ジャッジがホームランを量産する秘密が集約された見事なフォームです。

 

まとめ

いかがでしたか?

下半身の使い方はあまり上手くありませんが、上半身の使い方は理想的。

まさに「フライボール革命の申し子」です。

上半身の使い方は何度も何度も繰り返し観て、確実に習得してみてくださいね。

 

質問はPeingへ

peing.net

施術やトレーニング、取材の依頼は・・・

ageokoritoru.com

 

セミナー受講や依頼は・・・

oriental-physio-academy.com