理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

【治療コラム】トリガーポイント療法を知らずに痛みのリハビリをしては行けない理由

f:id:pata0511:20191119191215p:image

どうも!!

Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です!!

 

 

今日の動画

 

www.youtube.com



あなたはトリガーポイント療法を知っていますか?

 

トリガーポイント療法とは

 

痛み・痺れ

自律神経症

筋力低下

可動域制限

関節のズレ

など様々な症状の原因となっている

 

筋肉のコリをほぐす「マッサージ療法」「筋膜リリース」の一種です。

 

 

ドクターの誤診を見破って患者を救う

 

ドクターの診断は誤診が日常茶飯事です。

 

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の見つかる髄節と症状が出ているデルマトームの部位が一致してないことがほとんどですよね?

 

さらに言うなら

 

腰痛や下肢症状がない人たちをレントゲンやMRIにかけても

 

ヘルニアや狭窄があると報告されています。

 

つまり・・・

 

「ヘルニアや狭窄症が症状の原因になることは非常に低い」ということです。

 

膝の痛みもそうです。

 

国内に膝関節の変形がある人は2100万人いると言われていますが

 

実際に痛みを訴えている人は1/3の700万人しかいないのです。

 

やはり、関節の変形が痛みの原因と短絡的に決めつけて手術やリハビリを行うのは危険だということですね。

 

 

2年目の理学療法士が一気に院内トップのセラピストになれた理由

 

私はトリガーポイントを知ったのは確か2年目だったと思います。

 

それまでは従来通りのリハビリをしていたのですが、患者は一向に良くならず。

 

そんな中でたまたま本屋で手に取ったトリガーポイント療法の本を読んだら

 

「あれ?この痛みのパターンはあの患者さんの言ってる症状と一緒だな。」

 

そんな症状が山のように書いてありました。

 

そこで、患者に試したところ良い反応がどんどん出てくる。

 

気がついたら院内で最も治せるセラピストになりましたし

 

その後はブログも人気が出て

 

セミナー依頼が殺到し

 

セミナー講師として一つの時代を築くことができました。

 

国内の有名なセラピストが治せなかったという患者も

 

私のトリガーポイント療法で簡単に治ることも多々あり

 

トリガーポイント療法は広めなければと改めて強く思っています。

 

 

OPAのセミナーは超ハイコストパフォーマンス

 

トリガーポイント療法を勉強するのであれば書店に行けばたくさんの書籍が売っているのでそれで勉強するも良し。

 

YouTubeなどで動画を探して勉強するも良し。

 

そして、自分だけじゃ限界があるというのであれば

 

当アカデミーのセミナーに来てください。

 

当アカデミーのセミナーは

 

どれも1万円台。

 

理学療法士協会の安価な単位認定講座が当たり前になっているため

 

1万円以上するセミナーは「高い!」と思われるかもしれませんが

 

柔道整復師鍼灸師、バリバリにやっている民間セラピストの方々からは

 

「安すぎる!!」

「10万円出しても良いくらいに内容が濃い!!」

「教えすぎなんじゃないですか?」

 

と絶賛されています。

 

少しでもトリガーポイント療法に興味を持ったのなら

 

実は他の団体でもトリガーポイント療法を習ったけどイマイチだったというのなら

 

当アカデミーでトリガーポイント療法を学んでみてください。

 

絶対に後悔はさせません。

 

 

 

 

 

質問はPeingへ

peing.net

施術やトレーニング、取材の依頼は・・・

ageokoritoru.com

 

セミナー受講や依頼は・・・

oriental-physio-academy.jimdo.com