理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

OPAフェンシングトレーニング③。フレッシュ時の骨盤&股関節細部化〜

f:id:pata0511:20190326213727j:plain

ども!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。

 

 

今回はフェンシングのトレーニング、第3弾です。

 

突き技の1つ「フレッシュ」です。

 

私の身体が少し硬いですが

 

参考になると思いますのでどうぞ!!

 

www.youtube.com

 

 

①『股関節の捉え&胴体の三次元化』(〜1:57)

これは第2弾の「ファント」と同様です。

股関節の内外旋と体幹の回旋を連動させ仙腸関節の分離を促します。

さらに胴体を回すことで軸から動く感覚を養いつつ、股関節を捉えます。

 

②『体幹の回旋とフレッシュでの突き』(1:57〜2:15)

フレッシュに必要な引き出します。

膝を伸ばして最大限ストライドを広げた「股関節の捉え」をします。

そこからフレッシュ。

 

③『ランジでの体幹回旋』(2:15〜3:07)

「フレッシュ」に必要な体幹の回旋をランジの姿勢で引き出します。

 

④『ファント姿勢からのフレッシュ』(4:30〜)

「ファント」のフィニッシュ姿勢を作ります。

そこから「フレッシュ」のクロスオーバーステップをします。

後ろ脚先行ではなく、胴体から動きます。

重心が前脚を追い越して転ぶ状態を作ることで自動的にクロスオーバーステップが発生します。

その動きで「フレッシュ」

 

 

 

 

 

質問はPeingへ

peing.net

施術やトレーニング、取材の依頼は・・・

ageokoritoru.com

 

セミナー受講や依頼は・・・

oriental-physio-academy.jimdo.com