理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ストレートネックはマッサージで治せます。

f:id:pata0511:20190122003827j:plain

どうも!!

 

Oriental Pysio Academy代表理学療法士

 

 

埼玉県上尾市『Mr.コリとる』院長の

筋膜&トリガーポイント療法は「Mr.コリとる」埼玉 上尾 整体

 

波田野です!!

 

 

整形外科時代もそうだし

 

整体院を開いてからもそうですが

 

肩こりや首の痛みの患者さんがとても多く

 

特に最近は

 

「病院でストレートネックって言われたんです・・・。」

 

って相談されることも非常に多いですし

 

多くの方が

 

ストレートネックって治らないんでしょ?」

 

と聞いてきますが

 

 

ストレートネックは治せますよ。

 

 

一般的なセラピストが

 

まずアプローチしないであろう筋肉をリリースすれば

 

簡単です!!

 

 

 

 

ストレートネックとは

f:id:pata0511:20190122003956j:plain

正常な頚椎は前に凸の前弯となっています。(右)

しかし、ストレートネックではその前弯がなくなり、悪化すると後ろに凸の後弯になる人もいます。

 

こういったアライメントになると頭を支えるために首の後ろの筋肉に通常よりも負担がかかり首や肩が凝ってきます。

さらに頚椎の間にある椎間板の前方に圧縮のストレスがかかり、椎間板が後ろに飛び出し「頚椎椎間板ヘルニア」になる可能性があります。

 

ストレートネックの原因は猫背

f:id:pata0511:20190122005235j:plain

ストレートネックの細かいアライメントは

上位頚椎伸展位

下位頚椎屈曲位

と言って、頭部前方突出姿勢・・・いわゆる「猫背」の姿勢になった時になるものです。

 

こういった姿勢を続けていると赤色が強いところは疲労で肩が凝ってくるし、赤色が薄いところは短くなってくるんですね。

 

なので、短くなっているところをほぐしてあげないといけないんですが、上記のイラストでは描かれていない筋肉があるんです。

それが実は一番重要な筋肉なのです。

 

それが・・・

 

頸長筋!!!

 

頸長筋

f:id:pata0511:20190122110741j:plain

頸長筋は頚椎を前屈させる筋肉ですので猫背で頭部が前に出ている人は短縮しています。

もちろん頸部を前屈させる筋肉は他にもあるのですが、この筋肉はアナトミートレインでは体軸筋膜である「深前線」を形成する筋肉ですので姿勢に与える影響はとても大きいのです。

f:id:pata0511:20190122111152j:plain

 

ちなみのこの筋肉が硬くなって伸びないと頸部の後屈ができなくなりますので

 

頸を後ろに倒して時、上を向いた時に

頸の後ろが詰まる・痛みが出る

という方はこの筋肉をマッサージしてほぐすと・・・

 

頭が後ろに落っこちてしまうんじゃないかと思うくらいにストンと上を向けるようになりますよ。

もちろん、頭の位置も後ろに戻ります。

 

自分でほぐせる?

もちろん自分でもできます。

こちらの動画でセルフマッサージをご紹介!!


自分で治せるストレートネック、肩こり、首の痛み

 

喉に突っ込んでいくので、自分でやるのは怖いという方はぜひ当院にご相談ください。

ageokoritoru.com

 

運動療法でさらに効果アップ!!

頸長筋をほぐすだけでも頭部の位置は改善できますが、根本的な原因となっている猫背を直すなら運動もすれば効果倍増!!

一番有名なのは「チンインエクササイズ」ですね。

f:id:pata0511:20190122105907j:plain

この写真だと頭や首にしかフォーカスしてないですが・・・

これに胸の動きも加えてください。

胸をしっかりと張るとさらに姿勢矯正の効果が高まります。

 

手っ取り早いのがストレッチポールに寝て「ベーシックセブン」を行うことですね。


【LPN公式】ストレッチポール®エクササイズ「ベーシックセブン」StretchPole® Exercise "The Basic Seven"

 姿勢矯正ではコアコンディションの「ベーシックセブン」に勝るものはありません。

ストレッチポールを使うのですが、このベーシックセブンを疎かにしている人も多く、これをやらないと他のエクササイズの効果は薄れます。

 

 

定期的なケアを

これを続ければ確実に肩こりはなくなります!!

肩こりが強い人はできれば毎日やってみてください。

1〜2週間もやればほとんど凝らなくなると思います。

とはいっても、日常生活で背中は丸くなりがち。

症状が落ち着いた後も休日などにケアをして再発を防いでくださいね。

セルフケアではなく治してほしいという方は是非当院にご相談ください。

筋膜&トリガーポイント療法は「Mr.コリとる」埼玉 上尾 整体

では〜。

 

セラピストの方はセミナーを

頸長筋のリリースは「トリガーポイント療法〜頭頸部痛〜」でお伝えしています。

肩こりは患者さんの訴える症状No.1ですので、トリガーポイント療法を知っていれば人気者になれますよ!!

oriental-physio-academy.jimdo.com