理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

前澤友作の時代錯誤感

f:id:pata0511:20190106013709j:plain

どうもOriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。

 

去年、時の人であるかのように持ち上げられた人物の1人に

 

ZOZOの前澤さんがいるわけですが

 

正直、厳しいんじゃないかなぁって感じてたんですが

 

こんな記事も出てきましたね。
toyokeizai.net

 

そもそも、去年の段階で営業利益が26%減。

 

株価も35%減。

 

さらに的中率80%を誇るAIでもこのまま下落していくという予想が出ているとなると

 

これから厳しくなっていくんじゃないかなと。

 

gendai.ismedia.jp

 

 

上述の記事のように

 

元々はセレクトショップのオシャレなアイテムが手に入るという『ZOZOTOWN』のアドバンテージが完全になくなってるなと感じています。

セレクトショップ系のアイテムもAmazonで売ってますし

 

そもそも、最近はメルカリで買う人もかなり増えてる。

(メルカリも海外進出失敗などで大変なことになっちゃってますが)

 

自社ブランドに関しても、それの根幹を担うはずだった『ZOZO SUITS』も

 

発送の遅延などのトラブルも続いたし

 

採寸が実は結構面倒。

(撮影条件の高さや距離が決められているならそれ用のアイテムは用意するべき。)

 

とプロダクトとして半端。

 

 

あとは、どの業種でもサブスクリプションサービスが進んで

 

『所有から利用』の時代なのにも関わらず

 

「お金を使えば使うほど増えていく」

とか素っ頓狂なこと言っちゃうし

 

ガンガンお金使って『所有』しまくってる

 

時代錯誤な感覚では

 

カスタマーファーストなサービス展開はできないんじゃないかなと感じています。

 

 

で、この記事を書いている途中で

 

Twitter上でこんなツイートが・・・

 

f:id:pata0511:20190106014126j:plain

 

リツイートするだけで100万円が手に入る可能性があるなら

 

一応、私もリツイートしてみましたけど・・・

 

 

この人って

 

結局、こういうことしかできないんだなぁって感じですよね。

 

 

 

まぁ、ZOZOTOWNの営業利益が下がっても

 

これだけ資産を持っていれば

 

今後も困らない程度の生活は余裕でできるとは思うけど

 

 

刺激的なプロダクトは生まれないだろうなって正直思います。

 

 

ZOZOの給与体系も

 

社員は一律なんですよね。

 

理由が「社内競争とか起こしたくないから」的な感じだったと思うんですけど

 

まぁ、それじゃ社員のモチベーションも上がりにくいでしょうね。

 

今はまだよくても、今後の展開は期待できないと思ってます。

 

 

では〜。