理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

2017年は原点回帰〜封印してたセミナーを復帰させます〜

どうも!!

 

Oriental Physio Academy代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体院「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com

 

波田野征美です!!

 

 

 

 

さて、Oriental Physio Academyといえば

 

今では

 

トリガーポイント療法

 

のイメージが強いと思いますが

 

 

代表である私は元々

 

「体軸」

 

「野球」

 

「自転車」

 

がキーワードの

 

「ボディワーカー」でした。

 

 

ブログでも肩書きは「体軸コーディネーター」でしたしね。

 

 

 

なのにセミナーはトリガーポイントばかりだったので

 

昔からの読者の方などからは

 

ずっと「スポーツのセミナーをやってください」「野球のセミナーをやってください」

 

リクエスされていましたし

 

数年前はサッカーの記事の依頼なども多くありました。

 

 

この1年ほどで

 

ようやくスポーツセミナーを開催したり

 

テレビへの出演。

 

 

先日もとある会社から「トレーニングの書籍とDVDを・・・」と依頼もありました。

(有名トレーナーも出している会社なのでちゃんとした会社です)

 

 

 

しかし、私のセミナーデビューは何だったでしょうか?

 

 

それは

 

「体軸を使って施術の精度を高めよう。セラピストが怪我をしないようにしよう」

 

というものでした。

 

 

なぜなら・・・

 

ちゃんと勉強しているのに、うまく結果を出せなくてセミナー行脚をしている人が多すぎる。

 

自分自身が腰痛などの体調不良を抱えているセラピストが多すぎる。

 

 

それはセラピスト自身が自分の体をしっかりと作ってない&使えてないからだ

 

 

 

それが解決できれば

 

患者さんを治せて、怪我もなくなって楽しいセラピスト生活を送れるはずだ!!

 

 

 

そう思ってセミナーを開始して

 

受講生は

 

『今までと同じことをしているのに、患者さんから「今までと違う!!本当にいつもと同じことしてるの?」と言われた。』

 

という報告をたくさんいただきました。

 

 

 

しかし、その後はレフリハ(現・体軸リハビリテーション)が私を中心としてスタートしたり

 

そこでの受講生が自分たちの地元で練習会やセミナーを開始したりという姿を見ていたので

 

私は「セラピスト向けの体軸は任せよう」と思って

 

ここ何年かは封印していました。

 

 

 

しかし、

 

2017年から

 

「治せるセラピストの身体作り」セミナーを再開させようと思います。

 

 

 

なぜなら

 

① 【やっぱり、みんな超下手】

 

はっきり言っちゃって申し訳ありません。

 

でも、本当にそうなんです。

 

トリガーポイントのセミナーでも

 

私自身の体をリリースしてみてもらう機会を増やしているんですが

 

ちょっとあまりにも・・・

 

私自身は特別症状はないんですが

 

一応、潜在性トリガーポイントがあるようで

 

セルフケアでボールを使ってリリースしていると

 

関連痛がしっかり出るくらいに

 

奥まで入るんですね。

 

だけど、多くの受講生にリリースしてもらうと

 

 

まず「関連痛が出ない」。

 

こういう時は場所がズレていることもあるんですが

 

それ以前の問題であるということは明白でした。

 

なぜなら・・・

 

タッチが浅すぎる。

 

それは力が強いとか弱いという話ではなく

 

タッチが浅いんです。

身体の力みがある。

 

だから、全然奥まで入らない。

 

表面の皮膚がヒリヒリするだけ。

 

やられながら「もしかして、俺もこんな感じなの?」と思って、受講生にリリースをかけると

 

「先生にやられると奥までズンッと入ってくるんだよなぁ。」

 

って言っているし

 

八王子の弟子に昨日「ちょっと試しにオレの腰方形筋をリリースしてみてくれるか?」と頼んでみました。

 

彼女には体軸での押し方などは教えていないのですが

 

それでも、多くの受講生よりは上手にできていたので

 

「あぁ、やっぱりみんなが下手すぎるだけなんだなぁ。」

 

証明されてしまいました。

 

 

別にdisってるわけではありませんよ。

 

ただ、このままだとせっかく勉強したのに

 

いつまでも結果を残せない危険性。

 

他の手技を勉強しても同じことの繰り返しになってしまいます。

 

そうなると、結局は患者さんのためになりません!!!

 

 

理由② 【結局、どの団体もちゃんと教えてない】

 

前述のように色々な人が体軸を教え始めたので

 

私自身は「そっちに任せよう」と思って、封印していました。

 

しかし、トリガーポイントセミナーはもちろんスポーツ系のセミナーを受講しにきた人なんかに

 

軸プッシュを挑まれるわけですが

 

激よわ。

 

軸プッシュ以外も全然動けてない。

 

軸に対する理解度も低すぎる。

 

なので、色々と話していると

 

「そんな話まで習ってない!!」

 

と驚かれます。

 

別に難しい話ではなく、基礎の基礎です。

 

むしろ、その話をせずに軸を作らせようとしていたのかと呆れ返るほどです。

 

 

 

理由③ 平日夜の練習会は集まりにくい

 

ということで、「体軸」もそうだし、それ以外の身体の使い方についてだけでなく

 

トリガーポイントも

 

セミナーを一度受けただけで終わりじゃなくて

 

継続して練習して欲しいので

 

月に1度、金曜日の夜に都内で

 

練習会

 

を開催していたのですが

 

やっぱり、古い言葉ですが「花金」

 

しかも、リハビリ職の仕事って

 

17時や18時定時になっていても

 

その時間まで目一杯リハビリしていて

 

業務の一部である「カルテ書き」や「カンファレンス」

 

は就業時間外の「サービス残業でやるもの」みたいな風習があるので

 

開始時間に間に合わず

 

「早めに終わって間に合うようだったら行きます」って人が多かったんですね。

 

で、結局来れないみたいな。

 

 

 

 

そんな3つの理由もあって

 

「あぁ、やっぱりオレがちゃんとセミナーで教えなきゃいけないんだな。」

 

と痛感しました。

 

 

 

 

というわけで、2017年は

 

「治せるセラピストの身体作り」

 

を日曜の本セミナーとしてレギュラー復帰させます。

 

 

とりあえず、関東で年2〜3回。

 

地方で年に1回くらいのペースで開催していければと考えています。

 

 

予定が決まったら、また別途アップして行きますので

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

では!!!

 

 

<予定セミナー>

 

11月18日~20日ピラティスワールド2016」in東京

http://www.pilates-guide.net/pilatesworld/

 

11月26日(土)「肩・上肢痛に対するトリガーポイント」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

11月27日(日)「膝・足部痛に対するトリガーポイント療法」in札幌

http://saito1985.blog.fc2.com/blog-entry-146.html?sp

 

12月4日(日)「OPAスポーツメソッド」in岩手

http://1post.jp/seminars/291

 

12月11日(日)「OPA疾患別~不眠症~」in横浜

http://ameblo.jp/pata0511/entry-12213077921.html

 

12月18日(日)「膝足部痛に対するトリガーポイント療法」in大阪

http://seminar.ep-och.com/seminar/2835

 

12月25日(日)「頭頸部痛に対するトリガーポイント療法」in東京

http://www.bodymindspiritresearchlab.com/?p=16394