理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

自律神経が引き起こす痛み

どうも!!

 

Oriental Physio Academy 代表理学療法士

http://oriental-physio-academy.jimdo.com

 

 

埼玉県上尾市 トリガーポイント整体「Mr.コリとる」院長の

http://ageokoritoru.com(HP)

http://www.ekiten.jp/shop_7025730/(エキテン)

 

波田野です!!

 

 

 

さて、先日9月27日のテレビ朝日「たけしの家庭の医学」は観ましたでしょうか?

 

 

私は妻の観たい番組の関係で全部は観ていないのですが・・・

 

 

今回のテーマのうちの一つに

 

「天気痛」がありました。

 

 

気圧が下がることによって交感神経が活発になり、痛覚神経に影響を与えて痛みを出すということですね。

 

 

 

実際に、最近ではこのように自律神経の乱れによる痛みというものが注目されています。

 

 

我々が日々伝えている「トリガーポイント」でも言われていますが

 

 

ストレスなどによる自律神経バランスの乱れは

 

トリガーポイントの活性化につながります。

 

 

 

 

今回の番組では

 

「天気」というものが取り上げられましたが

 

 

自律神経のバランスを崩す原因はたくさんありますね。

 

 

 

前述のように

 

ストレスというのが一番多いと思いますが・・・

 

というより、天気に過敏な人ってのもベースにはストレスなどによる自律神経の乱れ(交感神経優位)ってのがあると思います。

 

 

 

ストレスが多い人が最終的にたどり着いてしまうのが・・・

 

 

「不眠」

 

だと思います。

 

 

 

リハビリ職種だと基本的に自律神経がどうこうってことは考えないと思います。

 

 

「Physio」ですから、基本的には「物理学」。

 

筋肉や骨などの物理法則的にアプローチをしていく。

 

痛みも物理的ないわゆる「メカニカルストレス」を取り除くといった考え。

 

 

ただ、患者さんの多くが自律神経の乱れを抱えているので

 

カニカルストレスへのアプローチでは改善できないケースも結構います。

 

 

 

自律神経が乱れて眠れなくなってくる

↓↓

眠れなくなってさらに自律神経が乱れる

↓↓

自律神経の乱れで痛みが出てくる

↓↓

痛みで眠れない

↓↓

さらに自律神経が乱れる

↓↓

さらに痛い

 

という形でどんどん悪循環が続いていきます。

 

だから、どこかで悪循環を断ち切らないといけないんですよね。

 

 

我々がお伝えしているトリガーポイント療法

 

痛みを引き起こす筋肉のコリとしてのトリガーポイントを直接ほぐすだけでなく

 

それに伴い、痛みを増長させる自律神経自体も整うといわれています。

 

なぜなら、トリガーポイントは東洋医学で使われる「ツボ」と一致しており、

 

背部や四肢のツボには副交感神経を優位にする効果があると報告されているからです。

(腹部へのアプローチは逆に交感神経が優位になります)

 

 

 

というわけで、物理的な問題を扱うリハビリ職種でも

 

こういった自律神経の乱れに対する理解は必要ですので

 

勉強しておいたほうがベターです。

 

 

その機会を

 

当アカデミーが用意しております!!

 

 

『新たな国民病を撃退!!OPA疾患別アプローチ「不眠症」 in 福岡』

 

【日時】

2016年10月23日(日) 10:00〜15:15 (受付は9:30〜)

 

【場所】

リファレンス駅東ビル 4F 会議室K

福岡市博多区博多駅東1丁目16-14

http://www.re-rental.com/ekihigashi/access/

 

【持ち物】

ヨガマットやバスタオルなどの敷物(実技は床で行います)

昼食(近隣に飲食店、コンビニ、弁当屋もございます)

 

【定員】

24名

 

【受講料】

12800

 

【申込】

下記URLよりお願いいたします。

*必要事項を入力・送信後、すぐに自動返信メールが届きます。届かない場合は別途ご連絡ください。

https://pro.form-mailer.jp/fms/59de1621108400

 

【概要】

・不眠の分類

・西洋医学から診る不眠症

東洋医学から診る不眠症

不眠症に対する徒手的介入

不眠症に対する養生法(食事、活動、グッズの紹介など)

 

 

 

 

テーマは「不眠」となっていますが

 

「不眠」は自律神経の乱れによる症状の最たるものです。

 

 

なので、「不眠」を改善するということは

 

つまり「自律神経の乱れ」を改善するということ。

 

少しネタバレしますが・・・

 

自律神経の乱れはストレスによるものです。

 

 

東洋医学ではストレス「血」を消耗すると言われています。

 

そして睡眠には「血」が関係していると言われており

 

「血」を増やしたり、流したりすることで

 

ストレスへの耐性ができて、自律神経の乱れも防ぎ、眠れるということです。

 

 

また、「血」「肝」と関係し、「肝」「筋」に関係して

 

「血」がなくなると「筋が引きつり」「痛み」が出てくると言われています

 

実際に整形外科で働いている東洋医学セラピストは患者さんの多くが「肝虚」であることを実感していると思います。

(もちろん、肝虚のベースに腎虚脾虚もあるんですが)

 

 

こういった点でも「不眠」と「痛み」は密接な関係性があることがわかりますよね。

 

 

あなたの患者さんは「痛み」で来院していますが、

 

同時に「あまり眠れない」「眠りが浅い」という症状も訴えていませんか?

 

だとしたら・・・

 

 

不眠へのアプローチで主訴の「痛み」が改善できる可能性があります。

 

 

 

少しでも心当たりがあったら

 

ぜひこの機会に受講してください!!!

 

 

この内容はまだレギュラー化するかは決まっておりませんので

 

次回の開催はいつになるかわかりません。

(とりあえず12月に横浜でやりますが)

 

少なくとも九州でやるとしても1年先にはなるでしょう。

 

 

この機会を逃したら、次は保証できませんので

 

 

今の段階で予定が入っていても

 

そちらをキャンセルして、来てください。

 

 

絶対に損はさせませんよ。

 

 

では!!!