理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

理学療法士が独立する前に・・・

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です!!
http://oriental-physio-academy.jimdo.com


さてさて、最近では自費整体として独立するリハビリ職種が増えております。

そのほぼ全てが病院で経験を積んで

独立という形になっていると思いますが



多くの独立リハビリ職種がうまくいかない要因の一つが

そのステップにあるのではないかなと思う今日この頃です。




というのも、

常識なので、みなさんおわかりだと思いますが


保健下でやっていた患者さんは

絶対に来ない



ですよね。



どんなに実力を認められても

保健下の病院に来る患者さんは

「保健が使えるから安い」
「近所だから」


という理由で来院しています。


「あの先生が良いから」という理由の人はそれほど多くないと思います。

交通手段の限られる高齢者ではなおのことです。


運動器リハビリであれば保健の3割負担の人は

再診料なども含めれば1000円ほど。
1割負担の人も300円くらいで

理学療法士のリハビリを40分間受けられてしまうのです。




そのリハビリでさえも患者さんが希望するのではなく、多くはドクターのサジ加減ですからね。




ですから、そこでいくら評判が良くてもあまり意味がありません。

集客は「病院」がしている。
しかも、それも「病院」がそこに「あるだけ」だから。


「セラピスト」が選ばれているわけではありません。



私が独立するときなんかも「先生ほどの腕があればすぐよ。結局は腕だから。」

と言われたりもしますが

実際にはそんな簡単なものではありません。


もちろん、私はそんなことはわかってるし

病院の患者さんが来ないことはわかっていたので

自分のサロンのチラシなどは渡すつもりはなかったんですね。


でも、「絶対に行くからチラシくださいよ。」と言われ

私も「いや、保健使えないからけっこう高くなりますよ。」と言っても

「いいんだよ。そんなことは。」と言うので、けっこう渡したりもしていたんですが


実際に来た人は見事に

ゼロ

です(笑)


私がやってもそれが現実です。


私のサロンに来る人も

有名セラピストのところに行ってきたけどダメだったって人が多く

そんな人でも私にかかれば簡単です。


そんな私でも

来ないんですよ。

妻のお母さん

つまり、私の義理の母が

「◯◯さんがあの先生は全然ダメ。やっぱり波田野先生じゃないとねぇ。」

と患者さんが言っているとか教えてくれます。

それでも、その患者さんが来るかといえば

来ないし。


それどころか、それでも病院に通い続けるわけです。

「ダメねぇ。」って言うなら通わなければ済む話なのに。


そういう意味で保健で安くってだけで通う人は

そこまでリハビリに求めてなくて

なんとなく習慣になってるだけなんですよね。





ダラダラ長くなりましたが


とにかくポイントは

患者は

「セラピスト」につくのではなく

「病院」についているだけ。



ということです。




それを踏まえて、思ったのが

自分のサロンを始める前に

一旦、他の自費の整体院で働いた方がいい


ということです。


もちろん、流行りの60分2980円とかってとこだと

安いのでやっぱり自分で始めたときに値段のアップがしづらくなるので

できれば、それなりの値段のところでやったほうがいいですね。


そこで「自分のお客さん」にしてしまえばいいんですね。




なんで、そう思ったのかというと



妻の独立

です。



私の妻は美容師なんですが


実はけっこうな凄腕らしく


妻についているお客さんってのがけっこう多いんですよね。



美容師が独立してもいいと言われている色々な基準があるんですが

軽々クリアしてるんですよね。


働いていた店舗の店長になったときも

うちの妻のやり方をスタッフにやらせたら

物販の売り上げも上がるし

店舗自体の売り上げも毎月前年度の20%以上増していたり。



まぁ、そんなわけで


店舗ができるまで家の近くの知り合いのお店で

面貸しさせていただくのですが


もう、毎日のように予約の連絡が入っておりますわ。



病院の場合は保健で数百円から

自費の数千円への移行は大変ですが


美容師はどこに行ったって値段は同じようなもんですからね。


その美容師に腕があってお客さんとの信頼が築けていれば

よっぽど遠方に行くのでなければ

来てくれます。






もちろん、マーケティングとかしっかり勉強して得意だというのであれば

すぐに独立したっていいですが


波田野ネットワークに入ってくる情報では

リハビリ職種で独立して

うまくいってる人はそれほど多くないって聞きます。




なので、少し時間はかかるかもしれませんが

堅実に行くなら


自分がやりたい料金と同じ程度の価格設定の整体院で働いて

そこでしっかりと指名を獲得して

一定水準を超えて

店舗に移ってもそういった人がある来てくれる目処がついたあたりから

独立の準備を進めた方がいいんじゃないかな。


まぁ、場合によってはそういう整体院だと技術を教えるかわりに

何年間は辞めることはできないみたいない契約をするところもありますけど

指名をつけたり

あとは集客の仕方を覚えるって意味でも勉強にはなるんじゃないですかね。





リハビリの養成校のときにバイトで整体院で働いていて

国家試験は残念ながら不合格になったんだけど

知識自体は他のスタッフよりあるもんだから

そこの整体院で人気になってしまって

理学療法士にはならずに

理学療法士よりも高い給料で

整体師になったって人もけっこういるみたいですからね。






そんな感じで

独立したいけど

不安だっていう人は


まずは自費でどれだけ通用するのか

試してみてもいいじゃないですかね。




では~~。