理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

遂に解禁!!OPA式東洋医学導診法〜アナトミートレインから紐解く気血津液・臓腑経絡論〜

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士
http://oriental-physio-academy.jimdo.com



トリガーポイント専門コンディショニングサロン「Mr.コリとる」院長の
http://orientalphysioseitai.wix.com/opakoritoru

波田野征美です!!



さて、今日はセミナーの告知です!!



当アカデミーは

症状を「直接的」に引き起こすトリガーポイントというものを基本に忠実に、かつ経穴も参考にしながら好発部位をしっかりと明記した

基礎編。


症状を引き起こす筋肉をどこよりも多く網羅したテキスト。
そして、実技時間たっぷり、丁寧な指導で高い習得度と満足度で

多くのセラピストが「痛み治療が得意になった!!」と臨床生活が劇的に変化させています。



そして、便宜上ではありますが「中級編」と位置付けている

「アナトミートレインと経絡五行論」


流行りのアナトミートレインを東洋医学の古典「難経」のルールを使って簡単に評価・治療ができるようになるとともに

難解な東洋医学をアナトミートレインというイメージしやすい筋膜という概念として伝えることで

東洋医学へのきっかけにもなり

これまた大好評です。



さらに

「知識だけでは十分な施術はできない!!」ということで

古武術を取り入れたボディワークで施術力を向上させる「セラピストの体つくり」。

これも類似したセミナーを受講した人からも「今までわからなかったことがわかった。軸で動くってこういうことだったんですね!!」と言われています。



こうやって、リハビリ業界を中心としたセラピスト業界に旋風を巻き起こしているわけですが・・・



遂に

以前から要望はありながらも

病院勤務時代ではスケジュールの都合で開催がほぼ不可能であった



上級編が始まります!!
(とはいっても基礎編や中級編を受けてなくても大丈夫ですよ)



とりあえず、タイトルとしては・・・

「OPA式東洋医学導診法~アナトミートレインから紐解く気血津液・臓腑経絡論~」

ちょっと長いので、もう少し考えたいですが

今回はこれでいきます。


東洋医学といえば、とにもかくにも難しいのが評価。

舌を診る舌診

顔を診る顔診

脈を診る脈診

症状を聞いていく問診


などなどあるわけですが

どれもすごい経験が必要な評価です。

それに舌診はその前に食べた飲食物の色などがついてしまったり

顔診は女性の場合はメイクでわかりやすくなってしまったり

問診は患者さん自身が気にしてなければ、なかなか引き出せなかったり

誤魔化しができてしまう評価ですね。



そこで、当アカデミーでは中級編で使っている

ROM制限やMMTなどの動きで評価する導診(と名付けました)



経穴を刺激して診る経穴

を使って評価・治療する方法をお伝えします。



ROMやMMT、さらに経穴を刺激した時の圧痛は

誤魔化しきれないものです。

セラピストだけでなく

患者さんにも客観的に自身の状態を伝えられるので

効果的です。

簡単ですしね。




大雑把な流れとしては


1.東洋医学の整体観とは?「気血津液」「臓腑の生理」
2.六臓六腑の病理・病証 例)肝虚陰虚証など
3.各病証での導診法&経穴
4.施術



です。



そして、これを2日間かけてやりたいと思います。
*初日と二日目で会場が違いますのでご注意ください。





『OPA式東洋医学導診法~アナトミートレインから紐解く気血津液・臓腑経絡論~』

【日時】
2015年11月14日(土)~15日(日)
10:00~16:00 (受付は9:30~)

【場所】*1日目と2日目で会場が違います
1日目 仙台市民会館 和室1 
勾当台公園駅下車 「公園2」出口から、徒歩約10分
 http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm

2日目 仙台市武道館会議室1
仙台市営地下鉄 北仙台駅 北2番出口から徒歩5分
JR仙山線   北仙台駅 徒歩10分
http://www.spf-sendai.jp/aoba/access/index.html

【受講料】
30000円

【定員】
25名

【持ち物】
ヨガマットやバスタオルなど敷く物、昼食、動きやすい服装

【申し込み】
https://pro.form-mailer.jp/fms/8aaaab4885319




東洋医学を知っていると

患者さん、クライアントさんのすべての症状を引き起こしている1つの状態がわかるようになります。

そうすることで、これまでは「この症状はいいけど、あの症状に関しては自分の施術の適応外」

と思っていた症状も対応できるようになります。


場合によっては西洋医学では原因不明の難病と言われていたものも

「症状を考えれば何々虚の何々証だよなぁ。となると治療穴はコレとコレだよなぁ。」なんて推察することができます。


もちろん、「治す」というのは一筋縄ではいかないと思います。
だから「難病」なわけですから。

それでも、「可能性」は見いだせるようになりますよね。



もちろん、「難病」に限らず


ちょっとした「風邪」とか「胃腸症状」とか

患者さんの中でも「病院に行くほどではないけど・・・」みたいな症状も一緒に施術できるようになったら

かっこいいですよね(笑)




私自身も知り合いが「咳が止まらない」というのを仕事の合間の空いた時間にちょこちょこっとツボを押して止めてあげたり


患者さんの中にも「不眠で・・・」という方も「ぐっすり眠れるようになった」なんてこともよくあります。




これからは「統合医療」の時代です。

そのために何千年もの歴史という圧倒的エビデンスを持っている

東洋医学を学んでみませんか?


2日間ということで少々受講料がお高くなってしまっていますが

それでも、相場からすれば激安。

もちろん、内容は折り紙付きです。



上級編は中々開催が難しいので

この機会を逃さないでくださいね!!


では!!!

https://pro.form-mailer.jp/fms/8aaaab4885319