理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

二日酔いには・・・

どうもOriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/



気温も少しずつ高くなり、ビアガーデンもオープンしてくれば


みなさんはガンガン飲んだりするんでしょうか?




まぁ、夏に限らず飲みすぎれば必ずヤツがやってくる!!




そう・・・



ふ・つ・か・よ・い!!

二日酔い!!!
!!









二日酔いの原因といえば・・・


アセトアルデヒドという物質がど~こ~と言われることが多く

そういう原因もあるんだろうなぁとは思いますが






それだけではなく


当アカデミーの基礎編でお伝えしている


トリガーポイントが原因の二日酔いが多いんじゃないかなぁと思います。

特に「頭痛」が主症状の二日酔いは。







(これ以外にもいくつかありますが、とりあえずここらへんが多いかな)




なんで、二日酔いとトリガーポイントが関係しているかというと





お酒を摂取するとビタミンの吸収を阻害してしまいます。


ビタミンは疼痛の抑制に関っており


トリガーポイントの提唱者であるトラベルとシモンズは

「慢性疼痛を訴える患者の100%が慢性的なビタミン不足を抱えている」

という報告をしています。





つまり、アルコールの摂取はビタミン不足を招き

トリガーポイントを活性化させて


二日酔いの頭痛を起こさせるのです。






私自身にも経験があります。



元々、お酒に強い波田野は

お酒をいくら飲んでも

酔っ払わないし、二日酔いもなかったのですが


一時期、少し飲んだだけで酔っ払うし

二日酔いもするという日々が続きました。




「あぁ、とうとう肝臓がやられて死ぬんだな・・・」


なんて思ったのですが



当時の副代表である高木くんが

波田野さん、それは酒の飲みすぎでビタミンが足りてないんですよ。」と指摘。



波田野も「はっ、そうだ。オレがセミナーで言っていることじゃないか!!」と気付きました。

確かに二日酔いのエリアが目の周りで

まさに

胸鎖乳突筋の関連痛領域。

実際に胸鎖乳突筋を刺激すると再現性バッチリ!!





というわけで、胸鎖乳突筋の関連痛が確定したわけです。




で、ビタミン剤を飲んでみたらあら不思議。


ス~ッと二日酔いの頭痛が軽くなっていくではあ~りませんか!!!






それから薬局でビタミン剤を購入して

毎日飲むようにしてから

二日酔いをすることがなくなりました。





患者さんでも頚部痛は1回の治療で取れたけど

顔面痛が取れないと言っていた患者さんがいて

問診をすすめると

飲酒も喫煙もするという。



で、飲酒と喫煙とビタミンと痛みの話をして

ビタミン剤を飲むよう指導したら

簡単に顔面痛がなくなりました。








さらに・・・



ここ2ヶ月くらい

波田野はファイテン商品を使っていまして

ハイエンドのネックレスだけでなく


洗顔後の保湿に

「e-water」というものを使っています。




そのおかげか顔面の筋が明らかにほぐれているんですよね。





で、そんな状態で数週間前に

大阪でEPochの面々とアホほどに酒を飲んだんです。


さすがの波田野も「これは二日酔いになるなぁ。」なんて覚悟を決めていました。




そしたら、案の定

翌日は二日酔い。




しかし、症状は

吐き気と嘔吐だけです。



頭痛がない!!!
t>





これまでは頭痛があっても

吐き気や嘔吐が起こるということはなかったのに!!





ここから考察できることは


やはり、二日酔いの「頭痛」に関していえば

頚部や顔面の筋のトリガーポイントによるものであるということ!!!!








お酒が大好きな方


お酒が弱い方




二日酔い対策には

頚部&顔面のマッサージでトリガーポイントをリリースし

ビタミン摂取で痛みの域値を高めてくださいね。




では!!!