理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

何をするかと同じくらいに、何をしないかを考える

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/





数年前に私が腰痛の理学療法をしていて


当時はいくら筋肉をほぐしてもほぐしても

全然ほぐれずに

痛みもほとんど変わらないまま

一旦、リハビリが終了になった患者さんがいます。



その患者さんが先月から

またリハビリのオーダーが出ました。


腰の調子を聞くと

「数年前と変わらない」

と訴えていました。





正直、私は「またかぁ。この手のタイプは難しいよなぁ。」なんて思っていたのですが


今回はすぐに

「最近、調子が良い!!」と

症状に明らかな改善が見えてきました。




治療内容は数年前と変えておりません。



忠実にトリガーポイントをリリースしているだけです。




にも、関らず今回は症状がすぐに改善する。






当アカデミーではトリガーポイントを軸にセミナー展開をしていて


非常に評判が良いのですが






中には色々とイチャモンつけてくるのもいますね。




「トリガーポイントだけじゃ治らない」

とか

「トリガーポイントは押すだけじゃ治らない」

とか。






でも、今回のような経験をしていると



「結局、ほとんどの痛みはトリガーポイントなんだよなぁ。」


「治せないときは単純にトリガーポイントをリリースしきれてないからなんだよなぁ。」



この私ですら

痛感します。




トリガーポイントが取りきれない



その原因はいろいろとあります。




「トリガーポイントを活性化させているほかの原因がある」

という患者側の問題もあれば


「下手くそ」

というセラピスト側の問題もあります。







私の場合はセラピスト側の問題というところに焦点を当て



徹底的に身体を作り上げて


「押圧」でのリリース技術の向上にこだわっています。


おかげさまで

他のセラピストが「トリガーポイントによる症状じゃない」、「押すだけじゃ治せない」と言っているような人でも

「トリガーポイントを押すだけ」で治せるようになっています。


もちろん、まだまだ成長段階ではありますが。





ですので、私は「治せるセラピストの身体作り」というセミナーを展開しています。





でも、みんながみんな「身体作り」を徹底できるわけではないんですね。





ですから、それを補うために


その他の概念のセミナーを展開して


トリガーポイントをベースにしながらも


多様なセラピストにも対応できるようにしております。



私の場合は身体作りと並行して「東洋医学」ですし


副代表の渡辺さんは

「エネルギー」だったり



今後は「内臓」や「関節」などなど


色々な角度から

「トリガーポイントを活性化させる原因」に対処する治療展開をお伝えしていきます。







でも、色々な角度からとはいっても


全部を知る必要はないと思っています。



なぜなら・・・



全部やりたくても、全部はできないから

です。





人それぞれで得意・不得意もあります。


そして、得意なものだったとしても


それを極めるにはかなり長い年月を必要とすると思います。






経験を積んでくると


色々な壁にぶつかります。


そして、それに対応するための色々なアイデアも浮かんできます。


その時に「何を追加するか?」というのを選んでいくと思いますが



それと同じくらいに

「これは必要ない」という選択をすることも大事です。







私の場合は

トリガーポイントと東洋医学で対応できなかったら

しょうがないと思っています。



それは私の治療の適応外であった


それだけです。




もちろん、東洋医学に関してはまだまだ勉強中のこともありますが


トリガーポイントに関してもまだまだ検証していることもありますが


それでも「しょうがない」と言えるくらいに

「オレで治せなかったら世の中のセラピストの大半が治せない」

そう言えるくらいにはやってきています。






上に登り詰めようと思ったら


どれかを捨てる覚悟も必要なんだと思います。





そんな雑感。


では。