理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ダルヴィッシュを守れ!!

どうも、Oriental Phyio Academy代表理学療法士波田野です!!



野球界、いやスポーツ界に衝撃のニュースが飛び込んできましたね。

ダルヴィッシュ有、右肘手術か!?
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150307-00000133-spnannex-base

記事によると・・・

ダルヴィッシュは「上腕三頭筋の張り」を訴えて

検査をしたら右肘の靭帯を損傷しており

「トミー・ジョン手術」をする可能性があると。

この手術は松坂大輔田中将大も受けた手術で復帰まで1年かかる手術。



・・・おかしくないですか?


ダルヴィッシュの主訴は

上腕三頭筋の張り」

であって「肘痛」じゃないんでしょ?

なのに、なんで肘にメスを入れないといけないわけ?



これは普通にトリガーポイントの可能性あるんじゃないの?


シンプルに上腕三頭筋かもしれないし

それ以外にも上腕三頭筋のところに関連痛を送る筋肉はありますよ。

肩甲下筋

小円筋

大円筋

烏口腕筋

広背筋


どれもこれも投手ならめちゃくちゃ負担のかかる筋肉でしょ。

関連痛の症状は「鈍痛」が多いから

上腕三頭筋の張り」と表現するのも不思議ではないです。


仮に肘の痛みだったとしても

上腕三頭筋のトリガーポイントの関連痛で肘の内側があります。