理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

不眠に効果がある食べ物~西洋医学と東洋医学の一致~

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/




クライアントさんで

けっこう「不眠」の方に出会います。





東洋医学的には


血や陽気が内に戻るから眠れる


とされています。



ということは「不眠」というのは


血が停滞していたり

血が虚していたり


陽虚で起こるわけです。



あとは虚熱が心や肺などの上焦に上ってしまっても

眠れなくなります。






なので、「血」や「陽気」を増やしたり

「心」や「肺」の熱を取る・下ろすということが改善に繋がるわけですね。




虚熱を取るのであれば・・・

「心経」や「腎経」を補って

津液を増やす必要があります。



で、先日のフジテレビ「ほんまでっかTV」で




「不眠にはスイカやトマトが効果がある。リコピンが良い」
と紹介されていました。




イカやトマトは夏野菜ですので「熱を取る」作用がありますね。


そして、心経を補うのは色であれば「赤」です。


イカやトマトはまさに「赤」ですね。



ちなみに味でいうなら「苦味」です。

夏野菜のピーマンなんかはピッタリですね。
「赤」ではないけど。




さらに「腎」の方から津液を増やすなら

腎は「黒」です。


そう。

これまた夏野菜の「茄子」なんかいいですね。






最近って

なんでもかんでも「冷えを取りなさい!!」って風潮だけど



逆に

冷やさなくちゃいけないケースってのもあるんですよね~。



まぁ、それはいいんですけど。





ほんまでっかTV」では



不眠の人は総炭水化物量が少ない

という報告もありました。





最近は炭水化物は悪者扱いされて

できるだけ食べないということが推奨されていますが

何事も適量です。





ちなみに前述のように


「不眠」は

血がなくなって起こります。





血を生成するのは

「脾」と「胃」です。





で、「脾」を補う味は「甘味」なんですよね。



ですから炭水化物を適度に取らないと

「血」を生成できないんで



血虚から

「不眠」

になってしまうのでしょうね。







まぁ、他にも色々とあるんですけど



とりあえず、「ほんまでっかTV」で最新科学でわかったことと


東洋医学はこんな感じで一致してますね。








こんな感じで。






もし、不眠で悩んでいる方がいたら


こういう食べ物で改善を狙ってみるといいですよ。



では~~。