理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

熊本の膝痛撲滅に貢献しました。

埼玉のくまモンこと、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/






え~、昨日(11月16日)は

熊本でセミナーでした。


OPAトリガーポイント基礎編「膝・足部」です。



そして、熊本初上陸。







膝というのは人体最大の荷重関節であり

にもかかわらず、運動の自由度がないため

関節構成体の破綻をもっとも引き起こす部位です。




ですので、膝に痛みがあると

短絡的に「関節が変形してるから」だなんて言われてしまいますが



実際には

「変形があっても痛くない」

という人の方が圧倒的に多いんです。


ということは、逆にいえば


「その痛みは関節ではない」ということんなんです。





その可能性のひとつが・・・


「トリガーポイント」

なんです!!





トリガーポイントによる痛みの特徴が


深部痛



ですから、それを「関節の痛み」と誤診されてしまうんですね。







受講生の中にも

膝痛や大腿部痛

足部痛を抱えている方がいました。



どの方も痛みの場所に対応する筋のトリガーポイントを刺激すると


見事に普段の症状が再現される。



で、リリースすると


症状改善!!!







いつものことですwww





ちなみに・・・



休憩中に現地コーディネーターの方が


「調整してもらいたいところがあるんです。」というので


何かな?と思ったら



両腕を後でくっつけることができない

というので



当アカデミーの中級編で調整してみました。




写真を撮るのを忘れてしまいましたが


調整前は右手が腰の高さまでしか回せなかったのですが




大腸経の原穴や子穴をザックリとリリース。

調整自体は数分です。



しかし、それだけで右手は肩甲骨の高さまで回すことができました。



コーディネーターの方もそのペアの方も驚愕。


波田野、爆笑。





でも、これは私がすごいのではないんです。


これにはルールがあって、そのルール通りにやれば誰にでもできます。


基礎編の場合はリリースに腕の差が出てしまうところですが


中級編はそこまでの差は出ません。


単なる暗記です。








そんな感じです。






熊本・・・といえば


馬肉


ですね。





セミナー当日の昼食以外は

ひたすら馬肉を食べ続けました。




前日なんて・・・


居酒屋と焼肉屋

ハシゴしました。


IMG_5451.jpg
IMG_6040.jpg
IMG_9627.jpg


焼肉屋では馬肉からの牛。
IMG_8882.jpg






セミナー後が空港で

IMG_8726.jpg




いや~、馬かった・・・じゃなくて美味かった!!!




次の熊本セミナーの日程も決定しました。

2月22日(日)に「頭頚部」です。



では~~!!!