理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

波田野は自分の限界が見えません

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/



最近、患者さんにこんなこと言われます。




「あれ?いつもと同じ強さで押してます?」って。





もちろん、押してます。

むしろ、今までよりも強く。




なので、患者さんに

「はい。押してますよ。」


と。




すると。

患者さんはこう言います。



「なんか、その割に痛くないんですよね。」

と。






波田野は基本的にトリガーポイント療法ですし


超絶鬼畜系ドSセラピストですから


患者さんが痛がっていると

逆にテンション上がるんですが




最近はこう言われることが多いんです。




そして、それに伴って


明らかに治療効果が上がってます。





ずっと症状が停滞していた患者さんも
(どんな患者もキレイさっぱり症状を消失させて終了にできるセラピストなんてこの世にはいません)

最近、「調子が良い」って言ってる。






何か新しい治療法を取り入れたのかって?




いやいや、何も変えてません。



基本は症状に対応するトリガーポイントをリリースして


気が向いたら中級編の運動連鎖を調整するだけです。





なのに、急にこんな現象だ。


一体、何があった?



はい。

心当たりがあります。





それは・・・



レーニングです。






当アカデミーでは


「治療の鉄人になる!!治せるセラピストのための身体作り」というセミナーを行っています。



で、それを先月1年半ぶりに開催し


そのために、

もう一度、自分の鍛錬も見つめなおしたんですよね。





で、そのおかげか

「何だ?この感覚?」って怖くなるくらいに

タッチが深く、強く、精密になっているのを感じていたんですね。



で、その自分の感覚と患者さんの経過が一致していたんで




改めて




「セラピストの腕」

ってのが一番大事だなと思えましたよ。





どれだけ難しく理論などを考えても


それはまさしく


「机上の空論」




それを実現させる腕がなければ話にならない。





セミナーでも


私みたいな「押すだけ」ってのをバカにしてる人もいますね。



「トリガーポイントは押すだけじゃ取れない」

とか。





私から言わせれば

「そんなんお前らが下手なだけやろ。」

なんですよ。







もちろん、そういう自分の技術力を補うように

工夫するのは大事なんですけど




それでも、結局は自分の技術みたいなところにも目を向けて


やり込まないと


どんなテクニックを学んでも意味はないんだろうなと





改めて思った所存です。




では!!!