理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

衝撃&戦慄!!OPAトリガーポイント中級編!!!

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/



10月26日(日)に函館にて

OPAトリガーポイントセミナー中級編

「OPA式運動連鎖~ROM制限と経絡五行論~」

と開催させていただきました。





基礎編ではトリガーポイントが引き起こす関連痛パターンに合わせて

対応する筋肉のトリガーポイントをほぐしていきます。

つまり、「痛む場所」に焦点を当てていきます。



中級編では

「痛む動き」に焦点を当てていきます。



痛み以外にも「可動域制限」「伸張感」「脱力感」などでもですね。


とりあえず、「異常を確認できる動き」です。



で、その異常を確認できる動きの時に


伸ばされている経絡・筋膜連鎖を調整していきます。




その調整のルールは決められています。




なので、触診の時に「ここが固いな。」とか視診で「ここの動きが・・・」みたいな

感覚は必要ありません。




方程式がありますので、それに「機械的」に当てはめていくだけです。




そのルール通りに調整する場所を

触った状態で


「異常を確認できる動き」をしてもらうと

異常が消失or軽減しています。




同一経絡でもルールと違った場所を触ると・・・


変化はありません。





受講者は驚愕


そして


大興奮。



「今日はすごいことを教えてもらった!!」

東洋医学をどう使っていくのかをイメージできました。」

「難解な東洋医学をわかりやすいルールで教えてもらえた」



という感想も頂きました。






東洋医学は慣れない言葉が出てくるので


ちょっと拒絶反応が出てくるんですが


方程式自体はシンプルです。



「実していればその子を寫して、虚していればその母を補え」

「病変は必ず原穴に現れる。」

「背部兪穴は一番重要」



それだけです。







「運動連鎖」

「全身調整」


と聞くと



恐らくあなたは

「どこから調整していいかわからない!!」

そう思うはずです。



そう思ったのなら

OPAが解決します。






ルールがあります。



そこには「魔法」なんてものは存在しません。




一部の人間だけが共有できる「感覚」では教える意味がありません。



誰でも「再現」できる「方程式」があるのです。



それをOPAが教えます。




とりあえず、


次回の中級編は


11月30日(日)に


石川県金沢市で開催いたします。


詳しくはこちら
http://ameblo.jp/pata0511/entry-11928990536.html




では!!!