理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

体軸と梨状筋

どうもOriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。


今日は出先からの投稿ですので

簡単に。




「梨状筋」


はとても有名な筋ですね。



「梨状筋症候群」

という腰椎椎間板ヘルニアと誤診されるような神経絞扼を起こしたり
(OPAのセミナーを受講した方はそれすらも違うということを知っていると思いますが)


短縮すれば大腿骨頭を前方に押し出して

股関節痛を引き起こしたり
変形性股関節症と誤診される痛みは股関節周囲の筋の関連痛か梨状筋による骨頭の偏位によるものがほとんどです)



まぁ、色々とやらかしてくれる筋肉です。








さて、そんな梨状筋と軸という話ですが



近年の流行りである「アナとミートレイン」では

深前線が軸の形成に関わると言われていますね。


深前線を形成する「大腰筋」も

一般的には股関節屈曲がメインだと思われていますが

実際には腰椎の正中化がメインの働きです。




アナトミートレインでも

根本にはこの深前線に異常があって

そこから他のラインの症状が出てくると書かれていますね。



高岡英夫理論でも大腰筋が最重要視されていますね。





さて、そんな軸形成に重要な深前線に

今日のテーマである

梨状筋

は含まれていません。



それどころか梨状筋はどのトレインとも繋がっていないのです。



そんな梨状筋がどう軸という姿勢制御に関わってくるのは?





それは


梨状筋の位置を考えてみましょう。





梨状筋は大腿骨の大転子と仙骨を結んでいます。


そして、左右の梨状筋は仙骨を介して繋がっています。


左右の梨状筋のテンションで仙骨を正中化させているのです。



片方の梨状筋のテンションが強かったり短縮していればそちらに仙骨の尾方は引かれてしまいます、


そうすれば、脊柱は正中を保っていられません。


仙骨が引かれた側、つまり梨状筋が短縮した側は仙骨の傾きに従って

腸骨が前傾します。


ということは、短縮側には荷重しにくくなりますね。





まぁ、こういう話をするとキリがなくなるんですけど



この梨状筋というのは


軸形成にとって

超重要な筋です。





是非是非、この筋のリリースは怠らないでくださいね。



では~。