理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

東洋医学を取り入れるのはグローバルスタンダード!!

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/




当アカデミーは

トリガーポイント療法を基礎として

そこからは東洋医学を取り入れた治療技術を提供しております。




こういうことをやっていると


まぁ、賛否両論様々なのですが(笑)




もうそんなことは言わせません!!!


IMG_8591.jpg


スポーツ系の医学総合雑誌「スポーツメディスン」さん。



そんな医学誌で

東洋医学理学療法の融合について特集されています。


しかも、この特集を書いているのは

鍼灸師ではなく

理学療法士


しかも、大学の理学療法学科の教員の方です。




まぁ、近年大流行中の「アナトミートレイン」では筋膜連鎖と経絡の類似性に言及していますし

「筋膜マニュレーション」も

トリガーポイントと経絡の話ですし。
(協調中心などの治療点は経穴名で説明されてるし)




WHOでも経穴の効果は認められているし





東洋医学を取り入れないなんて

時代遅れなんですね。






ケータイだけでなく

治療技術も

日本は「ガラパゴス」です。





とんねるずのギャグではありませんが


「時代を先取るニューパワー!!!」




それが

Oriental Physio Academy

です!!





東洋医学を取り入れたセミナーは

中級編ですので



コラボセミナーとして

仙台整形外科の千葉先生と

「腰痛」

をテーマにしたのと



福岡でのOPA中級編を2回だけですが


どちらも衝撃を与えています。




東洋医学・・・とはいっても

中級編では

あくまで

「筋膜連鎖」の調整として捉えています。



西洋医学どっぷりのリハビリ職種の人でも

「運動連鎖」のルールのひとつとして

取り入れられるように

工夫しております。





患部から離れたところからのアプローチ

のヒントとして

受講してみてください。



とりあえず、8月3日(日)に

仙台で開催いたします。

http://ameblo.jp/pata0511/entry-11877505107.html

では!!