理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

岩手で肩コリ、頭痛、めまいの治し方をお伝えしてきました

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です!!
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/




先日、6月22日(日)に

岩手県北上市にて

「OPA式トリガーポイントリリース 基礎編~頭頚部痛~」

を開催しました!!




25名のセラピストの方に集まっていただきました。

27年目の大ベテランの先生



八丈島というすごい遠方からいらっしゃった方まで!!


驚きです。


実技の風景はこんな感じ。






頭頚部の症状・・・



頚の痛みならまだしも

頭痛や顔面の症状

めまい

歯痛

顎関節症





リハオーダーとして出ることはまずありませんが

患者さんはこういった症状も必ず抱えています。



主訴として訴えることはなくても

ここらへんも一緒に治せると

患者さんは感動してくださいます。






今回ももちろん受講生の方は

トリガーポイントを刺激されて

頭痛や目の痛みなど

色々な症状を体験していただきました。



関連痛だけでなく、患者さんが訴えることの多い頚の後屈での痛みの治し方や

筋膜連鎖を考慮して

側頭筋と左右の重心移動でのバランス能力の関係



顎のズレと骨盤アライメントや体幹可動域制限の傾向なども説明しています。






受講生の方が実技中に漏らしていたのは

「ここらへんの筋肉は学校でも全然習わないところだね!!」

なんてのもありましたね。






また、頭頚部はいつも早めに終わるのですが


受講者の方から

「中級編がどういうものか知りたいからデモをお願いできませんか?」

とリクエストがあったので



デモをさせていただきました。





ガッツリやってる時間はなかったので

簡単にですが



頚の痛みを

前腕のツボを3つくらいで

改善させていただきました。




こういう調整・・・


他の団体の手技だと


触診や視診など

感覚的で経験が重要なもので判断せざるを得ないので

結局、使いこなせない受講生が続出するのですが


OPAの中級編は

「暗記」です。



制限のあるROMに合わせて

調整するツボは明確にしてあるので


本当に

「暗記」

なんです。


ですので、初心者でもすぐに使えます。

小難しい技術も必要ありません。


これも基礎編同様に「押すだけ」なのですから。



しかも、基礎編ほど

「押すだけ」のハードルは高くありません。


たぶん、技術という意味でなら

基礎編が一番難しいかもしれません(笑)


中級編と上級編は

暗記が難しいのです。




中級編はわかりやすいですけど。




まぁ、そんなわけですから



こういった遠位からの調整・・・

つまりは運動連鎖ってことなんですが

運動連鎖のルールのひとつとして

OPAの中級編を知っておくといいですよ。




日程がある方は是非受講してください。

http://ameblo.jp/pata0511/entry-11877505107.html





そんな感じで!!




最後に記念撮影!!

IMG_9633.jpg



では!!