理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

治したいなら自分を鍛えろ!!

どうも、Oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です!!
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/



久しぶりの更新になります!!



こうやって更新が滞っているときは

波田野がかなりヘロヘロしているときです。





セミナー疲れ・・・かな?

なんて思いましたが、セミナーで飛びまわるのは今に始まったことではない。




じゃあ、なんでかな?

と思っていたら・・・


そうです。



波田野・・・

2週間ほど

自転車に乗ってないんです。




なぜかって・・・



現在、愛車のBMC SLX01は


パーツの乗せ換えでショップに預けているからです。



私も自転車歴がボチボチ10年になりますので

これまで使っていたコンポーネントたちを変えたいな~なんて思っていたんですね。




なので、思い切って

コンポーネントアルテグラから

電動式のアルテグラに交換です。


パーツの一部はデュラエースにしますが。



それに伴って

ギアの10速から11速になりますので

ホイールも交換しなくてはいけませぬ。


いやはや、全部でウン十万になってしまいました。





まぁ、そんなことは置いといて




とりあえず自転車に乗らないと調子出ないですね~。


一応、当院のPowerPlateでのトレーニングを

普段より多めにやってはいたのですが

それでも自転車の開放感や運動量には敵いませんね。



どんなに疲れてても自転車に乗れば回復するのに

この2週間は何をやっても疲れが取れない。



今週中には乗せ換えも終わるはずですので

戻ってくるのが楽しみです。





さて、そんなわけで前置きが長くなりましたが



みなさん、しっかり身体を鍛えてますか?




この質問に「ドキッ!!」としたのではないでしょうか?




身体を鍛えていないあなた・・・



バッドネイチャー!!!!!!!!






セラピストやトレーナーというのは

人の身体を扱う職業ですよね?



にも関らず

身体を鍛えない

だけでなく

自身が腰痛や肩コリを抱えているだなんて

そんなことが許されると思いますか?





いや、そりゃ私だって

自転車のトレーニングを追い込んで

さらにストレッチやマッサージを疎かにしてしまったりして

疲れが溜まると


それなりに「重さ」が出ることはありますが


それでも元々の腰痛や肩コリは自分で治しましたし

「体軸理論」やその他の武術系の理論を合わせたトレーニングで

日々、身体が劇的に変わっていくのを実感しております。




それに伴って

治せる患者さんが増えています。



やることは変えてないのにです。






私はよくセミナーでこういうお話をします。



「同じ食材、同じレシピを持っていたとして

料理勝負で

陳建一に勝てますか?

勝てませんよね?

食材の切り方、鍋の振り方、火加減その他諸々で差がつきます。

治療も同じことです。

みなさんは食材やレシピしか勉強していない。」と。






言葉は悪いかもしれませんが


どれだけ良い理論、良いメソッドを習ったとしても

下手くそが使えば効果は薄いんです。




効果があっても、その先に行くには

間違いなくセラピスト自身の実力は重要な要素の1つです。




セラピストの間でも

理学療法士は色々なことを知ってるけど、治せないよね。」

とも言われていますよ。





トリガーポイントのセミナーをしていても

深く入っていないにも関らず、受け手が痛がってしまったり

くすぐったがってしまったり

自身の指が痛くなってしまったり。




そういったときに私が試してみると

痛くなかったり

くすぐったくなかったり

そういうことがよく起こります。



もちろん、私自身は指が痛くなったことなんて

ナッシング!!!!



それは「コツ」という意味での「意識」もですし


フィジカル面でもそうですね。


特に軸周りの筋力ですね。



これが弱ければ、強く深くリリースしようとしたときに

足りない分は遠位で補わなくてはいけなくなりますね。





ですから身体を鍛えないセラピストやトレーナーは

失格です。





リリースだけではありませんよ。




運動療法の指示や

ハンドリングでは

セラピストの身体観が大きく影響されます。



セラピストやトレーナーが腰痛などの症状持ちの悪い身体であったら

その悪い身体のイメージを患者さんに伝えることになります。


現時点で症状がないからって安心しないでください。

症状がなくても、動けない身体では同じことです。








これまで以上に治療の効果を高めたいのならば

自らの身体と向かい合ってください。




私が普段どんな鍛錬をしているのか

気が向いたらアップしていきますね。



リハビリ業界最強の体軸使いにして、最も体軸に精通したセラピストの鍛錬でみなさんもしっかりと身体を鍛えてください。


では!!