理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

函館にて魔法のように腰痛と下肢のしびれを治す方法をお伝えしました。

どうも、oriental Physio Academy代表理学療法士波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/





5月18日(日)は

北海道函館市にて

OPA式「トリガーポイントリリース基礎編 ~腰下肢痛~」

を開催させていただきました!!



初・北海道です!!!






波田野・・・北海道の事情をまったく知りませんので

色々と情報を集めていたら

北海道は札幌以外は中々の田舎で

集客は厳しいのではないか?

と言われていましたが




たしかに、他の地域に比べたら若干少ないですが

おかげさまで

16名

のセラピストの方が集まってくださいました。




同日、札幌市にて

リハビリ業界のメジャーリーガー級理学療法士が150名規模のセミナーを開催していたようで、その影響もあったかなと思いつつ


それでも「そちらをキャンセルして、波田野先生の話を聞きにきました。」

とおっしゃってくださる受講生もおりましたよ。


ふふふ。

その判断・・・

大正解!!




私のセミナーの方が100倍は実践的だという自信がありますよ。




「ヘルニア」

「脊柱管狭窄症」

坐骨神経痛




そういった神経痛だと誤診される

痛みやしびれ



魔法のように取り去るトリガーポイント療法

きっちりお伝えしてきました。




OPAのセミナーの特徴は

実技の時間がたっぷり!!

午前&午後で5時間のうち

実技に費やす時間は4時間です。


なので、受講者の方は余裕を持って

筋の触診、トリガーポイントの捜索、リリースの手応えなど

練習することができます。


講師も多くの受講生の質問に

丁寧に納得するまでお付き合いしています。






ですから

「丁寧でわかりやすい指導でした!!」という声を多数頂いております。



去年、セミナー業務を始めたころは

「質問したくても人数が多すぎてできなかった。」

という声も多かったのですが



よく出る質問に対しての解答を

毎回毎回、テキストに更新しているおかげか

最近ではそういったネガティブな感想も確実に減っています。

ってか、なくなっています。






セミナーの様子はこんな感じ。









こちらは中級編「ROMと五行論」のイントロダクション的な実技。



全4回の「基礎編」のなかでも

この「腰下肢痛編」は

トピックス盛りだくさん。



脊柱の調整と東洋医学の関係性から

どの動きで腰痛が出るかによって

何番の脊柱を調整するか?

という法則をお話しています。


これには受講生のみなさんは驚愕しております。



東洋医学への応用だけでなく



仙腸関節の不安定性をマッサージで改善する方法などもみなさん面白かったようです。


実技でも

大腿筋膜張筋をリリースすることで大殿筋~胸腰筋膜~対側広背筋へのテンションの伝達が正常化する


という現象をちゃんと体験していただきました。







北海道の方々の雰囲気もとても良く

1日中、大爆笑の講義となりましたよ。






最後にみんなで記念撮影。


こういうのは初めてでしたが、これからは必ずやろうかなと思いました。




そして、現地のコーディネートをしてくださった

斎藤先生とツーショット。



すごく話しやすい人でした!!



北海道といったら札幌なのでしょうが


だからこそ、函館から北海道全体に影響を与えられるように

チャレンジしたいですね。




本当に楽しい函館セミナーでした。



セミナー以外のオフショットはまた後日!!


では~~~!!!