理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

久しぶりの「立甲」

どうも、Oriental Physio Academy代表の波田野です!!
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/




今日は「立甲」についてです。



「立甲」については

以前にもブログで書いています。
http://ameblo.jp/pata0511/entry-11273080603.html





最近、地方のセラピストが「立甲」について発言しているし

某研究会では

5段階のランク付けの最上級として

波田野レベル」

私の名前が出ているようなので・・・



久しぶりに私も写真に収めてみました。


SBSH0240.JPG


SBSH0242.JPG




ん~。


さらに柔らかくなった気もするけど・・・

当時よりも相当太ったからわかりにくいな(笑)





とりあえず・・・


こういう動きも

SBSH0245.JPG



獲物に近づく野生動物「ハタノ」






まぁ、こんな感じでですね。




「立甲」。



多くの人が


どれだけ「浮き上がるのか」を競い合っている気がしますが



これはあくまで「初歩」です。
前提条件のひとつでしかありません。




ここから、しっかりと「押し出す」ことができたり

それも強く・速く。



また「立甲」・・・「甲腕一致」「ゼロポジション」をキープしたまま

様々な動きができるようにならなければいけません。

実際の競技動作に統合しなければいけません。





それには、また違う鍛錬をしなければいけません。





気が向いたら、そこらへんを色々と書いていきます。



では。