理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

禁止令が発令するほど効き過ぎる治療法。それが・・・トリガーポイント療法です!!!

どうも、Oriental Physio Academy代表の波田野です。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/




全国でトリガーポイントをお伝えするセミナーを開催していますが




受講生の方々から

同じような悩みを相談されます。







それは・・・



「効果がありすぎて上司に怒られてしまいます。」



「トリガーポイント禁止令が出てしまいました。」




などです。




どういうことかというと・・・




多くの方が

私と同じように





ドクターが

「手術しないと症状は取れない」

と言った症例や



上司や先輩がどうにもできなかった症例


1年目や2年目といった若いセラピストが

あまりにも簡単に症状を取って

手術が必要なくなってしまうというケースが続出して




上司から

「足並みを揃えろ。そういうことをやられると患者さんも混乱するだろう。」

とか

「トリガーポイントみたいな胡散臭いやり方で症状を取ったって狭窄症自体は治ってないんだぞ!!」


とか

無茶苦茶なことを言われているらしいです。




なんだか、悲しいですね。




脊柱管狭窄症だって


レントゲン所見では狭搾があっても


色々なテストをしても

レントゲン所見以外は

陽性反応がまったくないケースばかりなんですよね。




狭搾による症状であれば、後屈ではさらに脊柱管が狭搾するので症状が悪化するはずなのですが

実際のケースでは

後屈では何も症状が出ない

あったとしても、ちょっとした「つまり感」だけということがほとんどです。




だとしたら、レントゲンで狭搾はあっても

症状は狭搾による神経症状ではない可能性が出てきますよね?



それで、トリガーポイントをやって

症状の再現性があって

リリースすることで症状が取れるなら

それは完全にトリガーポイントによる症状ですよね。




その旨を上司に反論しても

まったく聞く耳持たないようです。







もちろん、トリガーポイントが痛みのすべての原因ではないと思いますよ。



現在の日本の医学の前提である

関節の痛み

神経症

軟部組織の炎症


であるケースもいます。



でも、それじゃ治らないケースがいるのなら


トリガーポイントである可能性があるし

実際にはそういうケースの方が圧倒的に多いんだから



トリガーポイントを試さない理由はないですよね?







中には上司に

「治療する前にちゃんと評価して。」

と注意されるようですが



治療と評価は別物じゃないし


治療こそが一番の評価ですよね。




で、トリガーポイントの特徴が

評価が早いという点なんですよ。





「痛みの範囲」を聞いただけで

原因筋を推測できるので

早ければ1分で終わります。


あとは実際に刺激してみて

再現性があるから

リリースしてみる。





これって、他の治療と同じですよね?



痛みの場所や出るときを問診で聞いて

各種のテストをしてみて

いじくってみて

効果があるかどうかを確認する。




トリガーポイントはその手順が極めて単純で極めて早いだけです。




関節系の手技に比べて

リスクもないですからね。






トリガーポイントは日本では

「マッサージ屋じゃない!!」という安いプライドに邪魔されて

広まっていませんが


海外では当たり前のように使われている考え方です。



トリガーポイントは小手先のテクニックではありません。


どちらかというと

「原理・原則」に近いもの。


概念です。




「筋肉」という階層で起こる痛みの最も多い原因です。




トリガーポイントを知ってから


1年目や2年目の新人セラピストが

先輩たちを追い越して

患者さんから

「魔法の手」

と感謝されるわけですよ。






さらに私に至っては

「神の手」と評する人もいるわけです。



そんな波田野の「押し方のコツ」も

伝えています。





トリガーポイントのセミナーは

少しずつ増えています。



中には私に対抗してのことだろうなと思う人もいます。



しかしトリガーポイントだけを徹底的にお伝えしているセミナーはOPAだけです。

「押すだけ」で治せる方法をお伝えしているのもOPAだけです。






トリガーポイントを信じきれていない人も

騙されたと思って受講してください。



実技中に

普段の症状が再現されることでトリガーポイントによる症状があるということを実感できます。



普段、症状を抱えていない人でも刺激されることで症状を感じることができます。







まだ、遅くはない。


置き去りにされないうちに

受講してください。




興味のある方は

Oriental Physio AcademyのHPをチェックです。
http://oriental-physio-academy.jimdo.com/