理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

痛みと栄養の関係。

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。




最近、私はネイチャーメイドの「マルチビタミン&ミネラル」をほぼ毎日飲むようにしております。




なぜかって?



それはここ何ヶ月か・・・妙に二日酔いで頭が痛くなることが多くなったからです。


波田野はアルコールが大好きで、ものすごくお酒を飲むんですね。



で、最近は弱くなってしまって


「あぁ、やっぱり肝臓がおかしくなってるんだなぁ。きっとこのまま肝炎になって死んでしまうかもしれない。」なんて思っていたのですね。





そしたら、セミナーのアシスタントをしてくれている高木くんに

波田野さん、それはアルコールの過剰摂取でビタミン不足でトリガーポイントが・・・」

と言われ




「あっ、そうだ。自分がセミナーで言ってることやないか~~い!!」ということで

ビタミンを積極的に摂るようにしたら・・・


二日酔いになることがなくなりましたね!!





ビタミンがアルコールの分解を早めるということはないのですが


ビタミンには疼痛を緩和する作用があります。


そして、アルコールはそのビタミンの吸収を阻害します。


そのため、痛覚の域値が下がって痛みを引き起こしやすくなるんですね。

確かに、私の二日酔の痛みは目の周りとかにも出てて、完全に胸鎖乳突筋の関連痛領域でしたからね。




またビタミンだけでなく、ミネラルは筋機能を正常に保つ働きがあるので

ミネラルが足りないとトリガーポイントを作る環境になるのは容易に想像できますね。






トリガーポイント療法の提唱者であるトラベルさんとシモンズさんは

慢性痛の患者のほとんどがビタミンとミネラルが不足していると報告していますからね。




かなり偏食家の知り合いが、ビタミンを処方されたら「しびれ」がなくなったって言ってましたしね。







もちろん、ビタミンやミネラルの中には摂り過ぎると危ないものもありますので

注意する必要はありますが



慢性痛に悩んでいる患者さんがいたら

ビタミンの摂取をすすめてみるのもいいかもしれませんね。



では~~~。