理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

成功イメージはあえて持たない!!将来じゃなくて今!!

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!




最近、自己啓発として


「しっかりと将来の成功イメージを持て!!」

「成功イメージを持てば引き寄せる!!」


なんて言葉をよく耳にします。




でも、私はあえて言います!!




成功したいなら・・・


成功イメージなんて持つんじゃない!!!!








えええ~~~~~!!!!と思ったでしょ?




これは本気です。






私の周りで成功している人は

意外にも

今やっていることを最初から考えていたわけじゃないって人が多いんですよね。




私の場合もそうです。

まぁ、私が成功しているかどうかは別として

少なくとも、このリハビリ業界ではそれなりに注目されているらしく

セミナーも30名クラスが満席になりますから

その他大勢のセラピストよりは

成功しているといってもいいかもしれません。
(そもそも「成功の定義」は人それぞれですが)



私は今は本業の病院勤務の理学療法士としては

破格の給料を頂きながら


セミナー講師として治療技術を教えたり

その他にも色々な仕事のお話を頂いておりますが




はっきりいって・・・


こんなことをするつもりは

まったくありませんでした!!!





そもそも私はトレーナーになりたくて理学療法士の資格を取ったのですよ。

野望は我らが栄光の読売巨人軍の専属トレーナーでした!!!




ですから、勉強だって主に運動療法ばかりだったし


今の病院にだって

ストレッチポールを使ったコアコンディショニング

エゴスキューメソッド

ヨガ

ピラティス

を中心に


「ボディワークをガンガンやっていきます!!」とアピールして入ったはずなんです。




でも、患者さんを治療していく中で

以前からやっていたトリガーポイント療法をさらに深めていくような形になったり

茨城時代は東洋医学とかエネルギーがどうとか

そういうのは一切信じていなかったのに

ホリスティックヘルスケア研究所のワークショップにたまたま参加してから

気が付いたら

東洋医学をはじめとした代替医療を勉強しはじめちゃったり




トレーナーどころか、バリバリの徒手療法家になっていたのです。



しまいには、その徒手療法のセミナー講師としての地位を築いちゃったり。





それだけじゃありません。



そもそも、治療院&スタジオ開業が一番の目標だったりしたのに


今では全然考えてなくて

本業の病院をしっかりと盛り上げて


その上でセミナーやその他の事業を多角的にやって

トータルで稼ぐという考え方になっちゃってますからね。







なんでそんなことになったのか?


なぜ、当初の目標設定とはまったく違う方向になったのに

ちゃんとうまくやっているのか?




それは、私が・・・



今、目の前にあることをしっかりとやっていく!!

今、目の前にある仕事を最大限活かして、今後に繋げる!!

今のキャリアを価値のあるものへ発展させるためにどうするべきか!!

今の自分の強みと弱みを把握して、できること・やるべきことをきっちりこなす!!



という考えでやっているからです。







「成功イメージを持つ」

「目標を持つ」


まったく悪いことではないとは思いますが


あまり強く持ってしまうと


そのイメージに捉われて、可能性を狭めてしまいます。




将来、何がどうなるかなんてわかりません。



場合によっては、まったく仕事にするつもりもなかった趣味が

ひょんなことから仕事で繋がってしまうことだってあるのです。



私でいえばPerfumeのファンクラブに入るくらいにPerfume狂で

Perfumeファンが集まるオフ会に行って

そこでPerfume以外の音楽でも話があって意気投合した方が


実は注目されているスポーツライター・ジャーナリストで



その後、お互いの活動を注目しながら見守っていたら

最近になって、本格的に仕事が具体的なところまで話になっています。



私以外でも

NLPで有名な杉長さんとコーチングで有名な鯨岡さんも

2人の出会いは某SNSでヘビメタで意気投合して話していたらお互いにPTとOTだということが発覚して今の付き合いになっているようです。





その他にも同じような例はたくさんあります。









なんていうんですかね。




結局、いくら「成功イメージ」を持ったって


それは「今、自分がいる現実社会の中だけでのイメージ」であって

その「現実社会」ってのは常に変わっていくわけ。







今、「やりたいこと・やるべきこと」だって

明日にはどうなってるかわからんし



「やりたくないこと」だって

明日には「やりたいこと」に変わってることだってあるわけです。



いや、むしろ「やりたくないこと」だろうと何だろうと


それを「やりたいこと」に変えていくことが必要なんじゃないかなと思います。





「やりたい仕事とは違った」ってことで

すぐに仕事を辞めちゃう人とかもいる。



最近のセラピスト業界でいったら



病院勤務だと低所得だし

なんとな~~く、つまんなくなっちゃったから



開業してみようかな~とか。




はっきり言いましょうか?

そんなマインドで成功するわけないでしょ!!!





自分の居場所なんて

どこを探したって

ありませんよ。





今、いる環境を

自分の居場所になるようにしないと。



そうやって

今、目の前にあることを

しっかりとやっていく中で


生まれてきたアイデアを実行したり

今の環境では自分の強みを発揮できないというなら

職場を変えたりっていう

色々な選択が


キャリアになっていく。



自分の強みはもちろん

何がしたいかすらはっきりしてないうちに

「なんとなく違うから。」ってだけじゃ意味がない。



ちなみにここでいう「したいこと」とかは

「スポーツ選手を診たい。」とか

「サッカーのチームでやりたい」とか

「お金持ちになりたい」とか

っていう曖昧なものじゃないですよ。


もっと具体的なものです。









テレビ朝日の人気番組「ロンドンハーツ」のコーナーで


「有吉先生のタレント進路相談」という企画があります。



この企画は

大ブレイクから

一気に転落し


そこから長い時間をかけて


今の確固たる地位を築いた

有吉弘之が


全然、売れずにこれからどうやっていくかを相談する企画です。



その中で


元・SDN48の野呂が


有吉に相談したときに




野呂は「パチンコの営業とかしたくない。」とか


今の仕事に対して文句ばかり言ってるんですね。





そんな野呂に対して


有吉が


「パチンコの営業を全力でやれバカ!!」とはっきりと言うわけです。



その前にも


「今やってる仕事を全力でやらないと、次につながらない」

と言っていました。



これ、当たり前のことだけど


実際はみんな全然できてないんですよ。





周りの環境のせいにする。





私は「引き寄せの法則」なんて信じないどころか

大嫌いですが



そういった「自分のやりたいことができない環境」ってのは


自分自身が作り上げてるってことなんですよ!!







心当たりある人は

悔い改めたほうがいいですよ。



では~~。