理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

リハビリ業界で唯一の経営者

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!




今日は月曜日なので少しプライベートです。



土日を使って大阪に行ってきました。




珍しくセミナーではなく、プライベートで

です。






みなさんもご存知のEPochの代表である

タッキー瀧内さんが


ちょっと前に「波田野くんと輪違くんに会いたいわ~。」とボヤいたので


会ってきましたよ。



堀江くんと一緒に(笑)






$選ばれるセラピストと理学療法士を養成する 体軸コーディネーター波田野征美~身体の軸 心の軸 治療家としての軸~-SBSH0434.JPG

<左下>タッキー瀧内  <左上>榎本くん  <右上>オイラ  <右下>堀江くん




今回の会合では、基本的には仕事の話ではなく

アホな話を中心にしました。



私もどうしても「波田野先生」でいなくてはいけないことが多いし

他の面々も同じようなもんなので


たまには、そういうことは忘れて

ただただ腹を抱えて笑いたいときがあるのですね。




それでも、多少は仕事の話にもなるのですが(笑)





それにしても、やっぱり瀧内さんはすごいですよ。





私と堀江くんと榎本くんも驚愕の話の連発でした。





もうね。

瀧内さんみたいなのが本当の経営者ですわ。




リハビリ業界にも会社を興してる人がたくさん出てきて

社長面してますが


もう話にならないです。


そういう人はもちろんですが



某研究会の会長すらも

瀧内さんと比べたら

ただの雑魚の1匹でしかないくらい

ズバ抜けてます。




社長

経営者




名乗るのは簡単だけど



本当に経営者と言えるのは

リハビリ業界では

瀧内さんだけだな

と想いましたよ。




そんな瀧内さんのEPoch設立当初の

ちょっとした苦労話(お間抜け話?)も聞けたし。






でも、格が違うわ。



そんな瀧内さんが

周囲に「波田野先生のおかげやから。」とか「波田野先生にはお世話になったんで。」とか言ってるのが

にわかに信じられないし

意味がわからんっていうね(笑)








まぁ、それが本当かどうかなんてどうでもいい。



オレは面白いと思うことを


ただスリリングに

周囲をおちょくりながら

最大限面白おかしくやっていくだけなんで。




で、瀧内さんと一緒にやるのは面白いんでね。



このまま・・・これ以上に良い関係を築いていきたいですね。

仕事を抜きにしても。







で、日曜は


小学校の時からの付き合いで数年前に大阪に転勤してしまった

幼馴染に4~5年ぶりに会ってきました。




小学校からの付き合い・・・とはいっても、同じクラスになったのは小学5~6年生の時だけで

中学も私は野球部、彼はバスケ部で

部活も違うし


高校も違う。

大学も違う。



だけど、何故かずっと一緒にいるという

腐れ縁。




だから、久しぶりに会えて

ものすごく嬉しかったですね~~。





その間に彼は結婚して
(奥さんがとても美しく、気さくで超良い人でした)




その奥さんも入れて3人で飲んでいたわけです。






で、面白いというか

不思議だったのが・・・



初対面のはずの奥さんにも


これまで、数々の女性に言われたことと

まったく同じことを言われてしまったことですな。




何を言われたって・・・





「隙がなさすぎる」


ですって。






「隙がなさすぎて、どこまで本気かわからない。」みたいなことを言われてしまいました。






本当に今まで言われてきたことです。



「どこまで本気かわからない。」

「何を考えているのかわからない。」

とか


「何でもそつなくこなすから、女性は『この人には私は必要ないんじゃないか?』って自信を失くすよね。」とか







ん~~~、別にそんな大層な存在ではないんですけど。



でも、「優しすぎるから、もっと悪くなったほうがいい。」とか

「準備万端をやめたほうがいい。」とか



「改善」だったらわかるんですけど

「改悪」しないといけないだなんて



世の中というのはなんと合理性を欠いているのでしょう。



ってか、「改悪」だなんて「改善」よりも難しいよね。






って、そんなことを想う


休日でした(笑)





まぁ、それは置いといて

とても充実した休日でした。



では~~~。