理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

受講者の声

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!!





皆様もご存知のように


波田野・・・


セミナー業をさせていただいておりますが





このたび、受講生の方が

とても嬉しいブログを書いてくださいました。

http://ameblo.jp/gx01-0706/entry-11523074239.html



彼はなんと学生の時から

私のことを追いかけてくださっていて


学生なのに、私のセミナーを受講しておりました。


その努力の甲斐もあって

バイトでやっていた整体院でもどんどん治せるようになったみたいですし


現在は無事、理学療法士の資格を取得して整形外科で働き

バンバン結果を出しているようです。





彼が言っているように


トリガーポイントはとてもシンプルなんですね。



症状の範囲と照らし合わせることで

原因筋が特定できてしまうんですね。




トリガーポイントによる症状は

理学療法士が得意なメカニカルストレスに対するアプローチでは

簡単に取れるものではないんですね。



長期的に見れば、ストレスを減らすことで改善できるかもしれませんが

早いのはトリガーポイントに直接アプローチすることですね。


患者さんのウケもいいですし。





手技自体は何でもいいんです。

私はマッサージ好きの理学療法士なので

マッサージ手技でリリースする方法をお伝えしておりますが



ストレッチでも改善できますし

マッスルエナジーでも改善できますし

カウンターストレインのように緊張をコントロールするような方法でも取れます。

(マッサージが一番効果的ですが)



トリガーポイント療法や

手技ではありません。



概念です。


原理・原則です。



ですから、この原理を知っておけば



みなさんが普段やっている治療の精度が飛躍的に高まります。




ですから、PNFなどでもいいと思いますし


ピラティスとかヨガでもいいですよ。



なんでもいいです。


ただ、その時に症状を起こしている筋がわかって

そこがリリースされるようなプログラムを立ててあげればいいわけです。





トリガーポイント・・・本当に便利ですので

勉強してみてくださいね。



では~~~。