理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

黄金週間

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!


みなさん、コールデンウィークはいかがお過ごし?


販売系の方々はむしろ稼ぎ時だから大忙しですかね?


医療系の人たちも今は祝日とか関係なく365日勤務だったりで仕事の人も多いんですかね?


波田野は・・・


9連休ですよ~~~~。

6日まで、明日と明後日もお休みでござんす~~~。





そんな波田野のGWは

ご存知のように


27日(土)に仙台入りして

28日(日)にセミナーを行い

29日は松島観光しました~~。




波田野・・・クルージングが好きなので

塩釜から松島までの

クルージング~~。

$選ばれるセラピストと理学療法士を養成する 体軸コーディネーター波田野征美~身体の軸 心の軸 治療家としての軸~-SBSH0389.JPG

カモメがとてもキレイ。

景色も素晴らしかったですね~。



松島に着いてからは現地コーディネーターの方に松島を案内していただきました。



$選ばれるセラピストと理学療法士を養成する 体軸コーディネーター波田野征美~身体の軸 心の軸 治療家としての軸~-SBSH0392.JPG

普段は非公開の場所が期間限定で公開されてました~。

伊達家の数寄っぷり!!!





他にも・・・

$選ばれるセラピストと理学療法士を養成する 体軸コーディネーター波田野征美~身体の軸 心の軸 治療家としての軸~-SBSH0391.JPG


戦国時代の雄・伊達政宗

PT戦国時代の雄・波田野征美との

奇跡のツーショット!!!!






牛タン食べたり



もう大満足でした。






29日宮城から帰ってきてから、家に帰る前に東京でセラピスト仲間と密会したりもしました。



その後は家事に勤しんだり



大好きな読書をしたり
$選ばれるセラピストと理学療法士を養成する 体軸コーディネーター波田野征美~身体の軸 心の軸 治療家としての軸~-SBSH0395.JPG






これまた大好きなバスケをしたり




これまた満喫です。



本当はセミナーのテキスト作りとかするつもりだったけど(笑)

まぁ、こうやってまとめて時間を取れるときしかできなかったりすることもあるので

いいかな。

気のむくままにやっていくのが良いですね。




やりたいことしかやらない。



もちろん、仕事をしているとやりたくないこともしなくちゃいけないときもあるけど


やりたいことだけできるように

精進していくことですね、大事なのは。







そんな中でちょっと遡りますが


28日にセミナー後に受講者の方数人と

懇親会。



受講者の方が話していたのは

やはり、地方は情報が少なすぎるから

たまに来る県外のセラピストのセミナーに飛びついてしまうという部分もあるみたいです。


まぁ、その中に私も含まれている可能性もあるのですが・・・



それでも、私のセミナーを受けたのには理由があるみたいですね。



一部の人だけだと思いますが

コピーライティングを使うのを批判する方もいますね。



でも、以前のブログにも書いたように
http://ameblo.jp/pata0511/entry-11492120108.html

コピーライティングは単なる集客・集金のためではなくて

「自分のできることを 必要してくれている人に ちゃんと見つけてもらうための技術」です。




受講者の方々が仰っていたのは

他のセミナーは


「何をやっているのか見えない!!」ということでした。



それに比べたら

私のセミナーの告知文は

「何に効果があって そのためにどういった治療法をするのか 何にこだわっているのか」が

わかりやすかった

とのことでした。



で、アンケートで満足度調査もしましたが

5段階評価で4と5しかありませんでしたよ。

もちろん、受講生の方は若手だけでなく

それなりの経験者がいる中で

です。





PTの安い給料の中で


それなりの値段のセミナーに

何時間も時間を取られるわけですから


みなさん、「何をやるのか」イメージのできないセミナーだと

興味があっても、もう一歩が踏み出せないんですね。







「腕があれば患者さんは来る!!


そうかもしれませんね。


でも、それだけでは失敗することも多い。




どんなに美味しい料理屋でも

ちょっとした売り方の仕方で失敗することもあるように


治療家もそうです。





「コピーライティングなんて学ばずに腕を磨け!!」



それって、一流の料理人以外は

店を持つな!!

って言ってるのと同じなんですよ。



腕を磨くのは当然。

でも、それだけじゃリスクだけが高まる。



開業するセラピストは確実に増える。


だとしたら、そういったセラピストが

路頭に迷うことがないように

最低限の腕と

最低限の経営だけでも知っておくことは

いけないことですか?






時代が違う。



今は「情報がある」ことが前提の時代。


まずはネットで調べる。


それで吟味してから

選ぶ時代。



それもわからずに

大昔の徒弟制度や

「見て盗め!!」的な発想じゃ

若手の心はつかめませんよ。



もしかしたら、いかにもなこと言って

「ついていきます!!」って若手もいるかもしれませんが

それも結局は自己啓発であって




みなさんが批判している某研究会と

やってることは同じですよ。





たぶん、同族嫌悪なんでしょうね。






あと・・・


地方ではなく



東京から宮城までセミナーを受講しにきてくださった方もいましたが



東京は


逆に情報が多すぎて

何を選んでいいかわからない

という現象も起きてるみたいですね。



やっぱり、コピーライティングを学んで

情報を開示する義務が


売り手側に求められる時代なんだと思うんですよね。





某研究会に限らず



いかにもなこと言ってる他の研究会でも

「小難しいこと言ってるだけで、実際にあれを理解したりしている人はほとんどいない。臨床に落とし込めない。」という声も出ていました。





ステップが大事なんですよ。



小難しいことを教えるのも大事ですけど



そこに至るまでのステップを考えないとね。





そんな感じ。


では~~。