理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

リハビリ業界がコピーライティングを学ぶわけ。

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



えぇ、先日は某研究会の会長のことについて書きました。


とは言っても、僕はビジネスのことはセラピストも知らなければいけないと考えています。


僕だって、稼ぎたいですよ。

大金持ちになるつもりはないですけど、

世帯年収700万が必要と言われている世の中で

平均年収370万という理学療法士の仕事に不安を持つことは当たり前。



稼ぐことは考えないとね。




で、何人かのベテランの方々は

「技術力」ということに焦点を当てて

その団体を非難しておりますが



無駄です。




若手は必ずその団体やその他の団体のセミナーに行きます!!


それは絶対です。
ゆるぎないです。


ギャーギャー騒いだところで

正統派のセミナーのところに戻ってくることはありません。




何故だかわかりますか?



従来のセミナーでは

若手の悩みを解決できないからです。





いいですか。

若いセラピストは

悩んでいるんです。



悩みを解決したいんです。




じゃあ、「ちゃんとした勉強会に行けや!!」って突っ込みたくなるかもしれませんが


ちゃんとしたセミナーかどうかが伝わってなければ意味がないんです。




ただ「この日、この場所で、セミナーやりますから。」ってだけじゃ


「果たして、このセミナーは自分の悩みを解決してくれるのだろうか?」って思います。

少ない給料の中で安くないセミナーを受けるわけです。

何をやるかわからないようなセミナーに行くわけがないんです。





今みたいな流れになっているのは


そういう意味では


伝える努力を怠ってきた

ベテランの方々の責任もある!!

ということをしっかりと知っておくべきです。




それをわからずに、某団体を否定するだけならまだしも

そのセミナーを受講している受講生の人までも

「ダメだ!!」なんて

酷すぎます。




セミナーに出て、技術を学ぼうとしているのだから

何も悪くはないではないですか。


彼らは純粋に「治したい」と思ってます。


僕もセミナーをしていますし、


私のセミナーに足を運んでくれる人には

やはり某団体に通っている人もいます。

そういう人たちはその会長と違って

リハビリ業界のテクニックをバカにしているだなんてことはまったくありません。


良い治療であれば、積極的に学ぼうとしています。



そういう視点でならば、本当に非難されるべきなのは

勉強すらしないセラピストの方なんですけどね。




もうね。

時代が違うんです。



狭き門で、必死に勉強しないとなれなかった

情報量が少なくて、自分でどんどん勉強しないといけなかった


という時代ではないんです。


学校がどんどん増設され

入るのも簡単。

なるのも簡単。




自分で何でも解決できるなんてセラピストは1割くらい。


何を言っても断固として勉強しないセラピストは1~2割。


その他7割のセラピストは他の人に導かれながら、成長するタイプなのかもしれません。



大量生産されたから「全体の質が下がった。」なんて言われる方もいますが

大量生産されたからこそ、「全体の質を上げる」チャンスなんです。



自分基準で物事を考えず


今はそういう時代。


勉強しないセラピストは

放っておくしかない・・・というより

どう説得しても動くことはありません。


自分でやれるセラピストが惑わされることがないのと同じように。



それよりも、「治したい」という強い想いを持っているけど

だからこそ悩み苦しむセラピストを

導くために



ちゃんと、伝えましょうよ。




自分たちがやっている理学療法が本物だというのなら。



某団体の会長の言うように「治すことばかり考えてビジネスのことを考えていないからダメ」なのではなく


「伝えることをしなかったから」なんだと思います。



コピーライティングというものは

「情報開示」なんです。



自分たちの提供しているものは

どういうことをしていて

どういう効果があり

どういう人に必要があるのか

をわかりやすく伝える手法なんです。


それが結果的に「集客数が増えたり」「利益が上がったり」というだけで。



ターゲットも明確にすることで


必要ない人は受けなくて済む。


選択を与えるという点では、無駄な受講をせずに済む人も確実にいるんです。




はっきり言えば、ベテランの人たちが「しっかりしているセミナー」と思い込んでいる

セミナーでも

「このセミナー、良くなかったな~。」っていう受講生は大勢いるんです。


情報を開示しなかったせいでね。



僕も協会で掲載されていて、とても偉い先生が来るという謳ったセミナーで

「ショボイ!!」と思ったこと多々ありますよ。



ベテランの人のレベルと若手のレベルだって違うわけですから。


若手にとってはちんぷんかんぷんで、結局臨床に生かせないことだってある。



わかります?


それって結局・・・


搾取なんですよ。


「偉い先生が来る!!」って触れ込みだけで、その他は隠して受講生を呼んでいるだけです。


みなさんが非難している団体がやってることを


まったく同じです!!!





若手をターゲットにしているからって「若手から搾り取っている」わけではないんです。



自分たちがまだまだ新人だった頃に出会って、治せるようになった技術・経験を


今の若手にも経験してもらいたい。


ただ、それだけです。


それで第一歩を踏み出せればそれでいいんです。



僕らはそういう若手に伝えるために


コピーライティングをはじめとしたビジネス手法

「伝える技術」を使い続けます。





ベテランの方々も

自分たちの技術が素晴らしい


そういう勉強をしないとダメだ!!


と思っているのなら




若手の立場に立って


しっかりと伝える方法を学んでください。


僕もみなさんの技術が卓越していることを知っています。



だからこそ、知ってほしいのです。





では。