理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

フェルデンクライスメソッドで良い本出ました!!

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



みなさん、ボディワークって知ってます?


多くの理学療法士の方はボディワークというと

ヨガ



ピラティス

を思い浮かべると思いますが



私の中ではヨガとピラティスはボディワークではないと考えています。

うん。

なんでかはうまく説明できませんが

なんとなく違和感を感じるからです。



まぁ、そんなことはどうでもいいんですが



ボディワークの中でも


世界三大ボディワークを知っていますか?





それは・・・


ロルフィング

「アレクサンダー・テクニーク」

フェルデンクライス・メソッド

です。


リハビリだと「アレクサンダー」がこの中では人気ですかね?

ハンドリングなどで参考になったりするので。




私は断然「ロルフィング」派です。


筋系のマッサージが好きだし、主に行っているトリガーポイント療法と相性抜群ですからね。

施術としての完成度が高いんですよ。



「アレクサンダー」は個人的にピンと来ないのですが



「フェルデンクライス」はけっこう好きです。


ワーク中の身体との対話感がいいんですよね。
穏やかだし。




そんなフェルデンクライスで


とても良い本が出版されました~~~!!!




はじめてのフェルデンクライス (地球丸からだブックス)/地球丸

¥1,470
Amazon.co.jp



フェルデンクライスジャパンの代表の方が著者ですし、ワークの種類のたくさん。
症状別にも書かれていますので、わかりやすいし楽しいです。



フェルデンクライスはワークが本当に穏やかなので、リハビリとしての運動療法に最適なのではないかと思います。

負荷とか全然高くないし、複雑な運動でもないのに、確実に脳レベルで学習されます。

「こういう気付かせ方もあるのか!!」と、本当に勉強になります!!





オススメです!!!



では!!