理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

理学療法と経絡~実・虚の判断~

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



波田野の施術といえば、筋肉や筋膜をひたすらモミモミモミモミモミモミモミモミ・・・

としていくわけです。


これだけ書くと、ほとんどの理学療法士が嫌がる「マッサージ屋さん」なのですが

本当にこれだけだったら波田野が「豪腕」、「アウトロー」だなんて言われるわけがありません。


このマッサージに

東洋医学の経絡という概念を組み込んでいます。



とはいっても、別に言うほど変わり者ではありませんね(笑)


理学療法士」としては変わり者かもしれませんが

「セラピスト」としては特別変わったことをしているわけではありません。


東洋医学の治療法の中には「かっさ」というマッサージ法もありますし

タイマッサージでも経絡らしきものを使ったりしますし

民間のセラピストではごく当たり前の考え方ですよね。



そんな経絡アプローチですが

異常経絡の判定自体はそれほど苦労はしないと思いますが

五行の関係性

「実・虚」の判定なんかはなかなか苦労するのではないかなと思います。




そんな「実・虚」の判定で最近思うこと・・・



私は理学療法士として

埼玉県の外来専門の整形外科に勤務しております。



そこで、様々な運動器疾患の患者さんを担当していると


「実」の患者さんが圧倒的に多いなぁという印象を受けます。




というのも、私の場合「実・虚」の判定は

症状の種類で判定します。

「痛み」や「伸張感」の場合は「実」

「重さ」「脱力感」「違和感」といったはっきりしない症状は「虚」と判定します。



そこで判定したあとに治療ですが

これは東洋医学の古典「難経」の「第69難」に書かれているように

「実すればその子を瀉し、虚すればその母を補する」わけです。
初めて読む人のための難經ハンドブック/医道の日本社

¥1,890
Amazon.co.jp



というわけで、私が治療するときはほとんどが異常経絡と、その子の経絡を治療することが多いです。



で、ここでふと疑問だったのが


経絡を使った治療といえば

最近はキネシオロジーの流派であるタッチforヘルスが注目されてますね。
タッチforヘルス健康法―キネシオロジーによる心身バランス健康法/市民出版社

¥5,040
Amazon.co.jp
私の周りにいるセラピスト・理学療法士はみんなタッチforヘルスを使っています。

タッチforヘルスでは「ほとんど活性化ポイントを使う。鎮静化ポイントを使うことは少ない」と書かれています。


ここでいう活性化ポイントと鎮静化ポイントはまさに母子の関係で

活性化ポイントで使うのは母。

鎮静化ポイントで使うのは子です。


つまり、タッチforヘルスではほとんどの症例を「虚」としているわけですね。


でも、私の経験上は圧倒的に「実」の患者さんが多い。


この違いはなんなのかなぁ?なんて考えていたわけですが


ひとつの要因として

タッチforヘルスの場合は必ずしも「痛み」を相手にしているわけではなく

どちらかというと、感情やトラウマなどによる

なんだかよくわからない不調を相手にしているからなのかもしれませんね。



あとは、判定が筋反射なので

「虚」にフォーカスを当てているからかもしれません。




うん。


まぁ、どちらでもいいんですけど。
治れば。




もし、タッチforヘルスを使っている方がいて

その方はもっぱら活性化ポイントを使っているかもしれませんが


もし、患者さんの症状が「痛み」や「伸張感」だったら

試しに鎮静化ポイントを第一選択としてみたらどうでしょう?




もし、効果があったら教えてください。

私はタッチforヘルスはほとんど使わないので。


では!!!