理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

「体軸」=「波田野」というブランディング

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!


ふとgoogleで「体軸」と検索してみたら・・・


オイラのこのブログが一番最初に表示されましたよ~~~~!!!!



ぎゃほ~~~!!!

嬉しい!!!!




でも・・・

そんな私がまだまだこの程度の活動で留まっているということは

「体軸」というものが、世間に認知されていないということですね。


まだまだ時代は「体幹」ということです。


体幹」も大事ですが、その体幹を生かすのが「体軸」なんですけどね。



「体軸」の意識のないまま体幹レーニングをしても、ただ固いだけの使えない筋肉ができるだけです。

そして、本も出している有名トレーナーのいう「体軸」は「体幹」トレーニングとまったく変わってませんよ。


「四肢を自由に使える体が体軸」と書いてありましたが・・・


体軸の構造をまったく説明してないですね。

そんな人に体軸だなんて言ってほしくないわけです。


私の知り合いがとあるイベントでピラティスやヨガの人を見て

ピラティスの人の意識はなんなんだ?・・・インナーアーマーとでも言うのかな?そんな意識を持ってるんだね。」



アーマー・・・鎧といえばカッコいい、強いイメージですけど

これでもかっていうくらいに・・・固いですね。


「いやいや、柔軟性はあるよ。」と反論あるかもしれませんが

パフォーマンスの良し悪しは

柔軟性ではなく

「ゆるさ」ですから。






まぁ、それはさておき

これで「体軸」=「波田野」ということになりました。


そんな波田野の携わっているレフリハでは

「体軸理論」をお伝えしています。




そんなレフリハから・・・

特別なWSが開催されます。



「TLテクニック説明会」!!!!
http://shop.utlr.me/?pid=51798063


えっ?

説明会?


と拍子抜けの方・・・


気が早いですよ。


ただの説明会ではありません。



なんと、参加者の方々の「体軸」をはじめとした

「身体意識」を鑑定し、その意識にあわせた様々なアドバイスをいたします。



しかも、説明会なので・・・

無料です!!!



講師は私のビジネスパートナーであるホリスティックヘルスケア研究所代表の

橋龍三さんです。



龍三さんはこの身体意識の鑑定&アドバイスを使って

アスリートを全日本で優勝させるくらいに成長させています。

平岡麻美さんの例
http://www.re-treat.jp/2011/02/post-cf2c.html


内田雅之さんの例
http://www.re-treat.jp/2011/12/post-dc05.html



TLでの鑑定をマスターして、身体意識の構造や運動性を理解できると

こういうこともできるんですね。

もちろん、患者さんでもオッケーです。


この人の身体意識の構造はこうだから、このADL動作はこうさせたほうがやりやすいな・・・とかね。



どうです?

ワクワクしません?




そんなTLテクニックに興味がでてきたら


レフリハのコースを受講してみてくださいね。


では!!

「第2期 TLテクニック レベル1」
http://shop.utlr.me/?pid=51593981

「第2期 TLテクニック レベル2」