理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

遠隔治療はあるのか。

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!


昨日からレフリハの養成コースである「TLテクニック レベル1」が始まりました。

満員御礼もさることながら

受講者の中にはPT・OTだけでなく

PT・OTの学生や

アーユルヴェーダのセラピストや

一般のマッサージ師の方もおりました。


レフリハが多くのセラピスト業界から注目されているという証拠ですね!!



さて、レベル1では治療の具体的な内容ではなく

セラピストの「身体」という「前提条件」をお伝えしています。


講義の中でも少しお話しまし、ブログやインタビューでも話していますが

治療というのはどういう治療方法でも

「症状」という「情報」を「書き換える」だけの話なんですね。

その書き換えの手段が違うだけなわけですが

その書き換えに必要な前提条件が


セラピストの「身体」なわけです。


その「身体」という「前提条件」を

レフリハでは「体軸」というものに集約していきます。



あとは先日のブログで書いたようにセラピスト自身の「意思決定」だったりするわけですね。



そして、レベル2では具体的な治療法で

症状という情報を書き換えていきます。



で、レベル3でとうとう「TLテクニック」というものを学びます。



で、「TLテクニック」がどういう「書き換え」方法かというと

とある部位を触るだけなわけで



さらに言うなら・・・


触らなくても治療できます。

いわゆる「遠隔治療」というやつです。



こういうこと言うと


理学療法士とは」とか「本物の」とかくだらないことにこだわっている

理学療法業界のベテランの方々に怒られてしまいそうですが



遠隔治療は確実に存在します。


だって、私自身ができるからです。


実際に


何ヶ月も原因不明の咳が治まらないという友人を

内緒で遠隔治療したんですね。

その時、私は家にいて、その友人がどこにいたかは知りません。


でも、その瞬間に咳が止まったそうです。



その友人が先日、左胸が痛いというので

遠隔治療しました。

その時もやはり胸の痛みが治まりました。

さらに、私は遠隔で評価をしていて

エラーの見つかった脊椎から「もしかして、ここも痛いんじゃないかな?今度、会うから聞いて見よう。」と思い

実際に会ったら、その友人が「胸の痛みはなくなったんだけど、実はここも痛いんだ。」と私が聞こうと思っていた場所を指しました。


まぁ、その時は飲み会だったので、普通に談笑をしながら

遠隔治療をしていたんですね。

んで、エラーが検出できなくなってから「今、痛い?」と聞いたら

「えっ?あ・・・痛くない!!」と言っていました。


その場にいた数人も背中の痺れや偏頭痛を訴えていたので

みんな遠隔治療で治しました。




その後も、他の友人が「喘息でグッタリ」と言っていたので

遠隔治療をしてあげました。


そしたら、症状が軽くなったと。


そしたら、「腰も治してほしい」というので

遠隔治療したら

腰痛がかなり軽くなったようです。

しかも、腰痛が軽くなったら、さらに呼吸がしやすくなったということです。





そんなわけで、遠隔治療は確実に存在してますし


そもそも、不思議なものではないんです。


これは私の推測ですが

ユングの意識の階層の話なんじゃないかと思うんですね。


意識には階層があって、一番上には個人の顕在意識というものがあるんですね。

その下には潜在意識があって

その人には家族や友人との共通の無意識があって

それをどんどん階層を深めていくと

人類であったり

生物としての

集合無意識にたどり着くんですね。




こういう話を聞いたことありませんか?


食べ物を洗って食べる習性のなかったサルが

どこかのサルが洗って食べ始めたら

全国のサルが一斉に洗って食べるようになったという話。




これが人間でもあって

人と人というのは

無意識で繋がっているので


体軸を伸ばして、そこにたどり着ければ

触る必要もなく

ただ「治る」という意思を決定するだけで

情報を書き換えることができるんだと思います。



まぁ、誰もが遠隔地治療をできる必要はないと思いますし

この遠隔治療も

「症状」という「情報」を「書き換える」ための方法のひとつであって

TLの使用方法自体はたくさんあるので

受講生の方々が、それぞれの治療体系に使いやすいようにアレンジしていただければいいんですがね。





まぁ、こんな感じで言ってますが


なんだかんだで、遠隔治療を習得してまだ半年ですし

滅多にやらないので

遠隔治療の体力がまだまだないですね。

珍しく連発してしまったので

完全にMPが切れてます。


昨日・今日とあまり調子が良くないのですが

まぁ、これを繰り返して

スタミナをつけていくしかないですね。





あぁ、ちなみに以前から「魔法はいらない」と言っていますし

実際に治療するときは、相変わらずモミモミとマッサージやってますよ。

マッサージの効率をよくするために、補足的に使う程度です。

あとは、どうしても現段階での手技で改善しきれないときとかね。


そんな感じです。


では!!!