理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

何故、体軸か?を再確認。

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



セラピスト仲間である杉長さんが始めた「スゴ腕セラピストPODCAST」という

杉長さんが思う「スゴ腕」にインタビューして回るお仕事があるのですが


第1回のゲストはコーチングで先日も本を出版された、最も熱いセラピストの鯨岡さんでした。



そして、その第2回のゲストに・・・

私、波田野征美が選ばれました。


先日、インタビューを受け、


体軸理論や、波田野の学生時代や実習生時代、さらに新人時代の話をしてきました。

どんな話だったのかはインタビューがアップされてからのお楽しみです。

優等生的なことはまったく言ってません(笑)

むしろ、学生時代は荒みまくって、やる気のない単なる不良学生でしたから。


他にも自転車の話とか


今後の展開など。




今後の展開などは

基本は現在働いている病院を盛り上げること

レフリハを盛り上げること

個人セミナーをもっと展開するなどを話しました。



基本的に私は目標設定はしないようにしています。

明確な目標設定が大事だと言われますが

だからこそ、あえて目標設定はしません。



いつまでにとか

いくらとか

そういうのを決めると

場合によっては目先のものに目を奪われて、強引な手段をとらざるを得なくなったり

設定した目標しか見えなくなり、スティフになってしまいそうだからです。


やりたいことは持ちつつも

機が熟すのを待つ。

もちろん、熟すように働きかけますが、気長に

流れを見ながら臨機応変に。

という感じです。





で、インタビューを受けた後も色々と考えていたのですが



やっぱり、何がしたいって・・・



「体軸理論を広めたい」ってことなんですね。


「何今さら言ってんの?すでにやってるじゃん」って思われるかもしれませんが


もっと、でかい話で・・・です。




簡単に言うなら

「体軸」という「文化」を作りたいんですよね。



とりあえず、今はセラピストの方の治療技術を高めるためにセミナーを開催していますが


それだけじゃなくて、

ブログのタイトルにもあるように

体幹」から、「体軸」に

フィットネス業界、スポーツ業界を変えていきたいし



一般の方にも、誰もが行うストレッチやラジオ体操のようなものにしたいし

それこそ、小学校や中学校の授業で

体軸を作るような体操をしたり



ロルフィング」「フェルデンクライス」「アレクサンダー」の3大ボディワークに

「体軸理論」が加わって、4大ボディワークにしたりとか




そういう、当たり前のようなものにしたいんですね。



別にそれができるなら、私じゃなくてもいいなって思う。



ただ、今のところ体軸というものをちゃんと伝えられるのは

我々、レフリハだけだなと確信していますが。


そのためには、レフリハ講師陣だけでなくて

私の「治療家のための身体作り」の受講生の方々には

修了証も発行しましたし、是非ともセミナーを開催して広めていただきたいところです。


いきなりは難しいと思いますので、今後は修了した方々のためのサポート体制を充実させていきたいですね。




一応、インタビューでは「外に出ようと思ったのは、もう少し稼ぎたいから。」と言いました。

でも、別にお金じゃないんですけどね。

もちろん、「やりたいことができればお金なんて・・・」だなんてキレイごとを言うつもりはありません。

実際問題、理学療法士の給料は一般企業のサラリーマンに比べて、格段に安くて

家族を養うだなんて、恐ろしいです。

だからといって、何千万も稼ぎたいとかは全然思わなくて

平凡な家庭を築けるくらいでいいなと思います。


こうやって、「平凡」を求めていると

堀江くんあたりに「波田野さんがやってることは、誰にでもできるってことじゃないんですから!!!」と怒られるのですが(笑)


でも、本当にお金は目的ではないなとは思います。


まずはしっかりと体軸を伝えること。


収入は後から結果的についてくるだけだし

体軸をもっと伝えるために必要な手段や目標でしかないかなって。





じゃあ、なんでそんなに体軸理論を広めたいのかなって考えると

やっぱり、私自身が体軸理論で救われたからじゃないかなって思うんです。

単純に体軸が通ると気持ちいい~~とかってレベルじゃなくてね。


とにかく、私はダメ人間だったんですね。
今でもそんなに立派な人間ではありませんが、少し前までは本当に最低の人間だったと思います。


ここで、どうダメだったかを書くとキリがないので書きませんが。


とにかく、体軸理論と出会って

自分の身体が動くようになったし、そうすると自然と気持ちも変わってきたし

患者さんは良くなるし

今みたいに講師の依頼が来るようになったりと


私みたいな人間が人様の役に立てているんだなと。





そういった経験があるから


私みたいに自分のことを思っている人がいるだろうから



体軸理論を広めて

一つの文化にしたいなと思うんです。


単なるブームじゃなくてね。



ん~、他にも色々とあるんだけど

ブログで綴るのはここらへんが限界です(笑)



私は体軸というテクニックを売りたいわけではない。

体軸という商品を売りたいのではない。

体軸という文化を売りたいんだ。



それでは!!!