理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

体軸の肉体的な構造とは

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



さて、「体軸」とは何か?


最近は本当に「体幹の進化系 体軸トレーニング」とか言われ始めていますが


そういった体軸トレーニングは実際には従来の体幹レーニングとまったく変わりはありません。



いまだに腹横筋をドローインすることで、体幹部を固定するという考えです。




はっきり言いましょう。


そんなことしても身体は安定しません!!!




腹横筋をはじめとした外側から固めるような構造では

強い震度には耐えられません。

もしかしたら、リハビリレベルの低負荷の運動では効果的かもしれませんが


スポーツレベルでこんなことをしてしまっては

簡単に壊れてしまいます。


みなさんもスポーツを観ていればわかるんじゃないでしょうか?


屈強な身体を持って、もちろん体幹筋も強靭でしょう。

そんなプロスポーツ選手がことごとく

腰を壊している姿を。



プロスポーツ選手は激しい運動をしているからしょうがない?


そんなわけはありません。

本当の一流というのは無駄のない動きをしているので

壊れません。


イチローは故障したことありますか?

ありませんよね。



これはプロスポーツ界のトレーナーたちが

体幹部を固定するという間違った考え方で選手を指導しているせいといっても過言ではないでしょう。




本当に強い身体というものは


体軸を通すことで、ゆらゆらと安定的に不安定をコントロールできる身体です。

からだが「ゆるんで」いるのです。



そして、それは体幹筋を鍛えることとは違います。



なぜなら、一般的に鍛えるべきがとされている「腹横筋」・・・


これは姿勢制御に関っている筋連鎖のどれともリンクしていません!!!





体軸理論では体軸を通すことで活性化され、姿勢や動作を劇的に向上させる筋として


腸腰筋」と「横隔膜」があります。




ここでピンときた方もいるかもしれませんね。



そう・・・


この2つの筋肉は


「Deep Front Line」なんです。


$体軸コーディネーター波田野征美~体幹の時代から体軸の時代へ~




この「DFL」・・・姿勢制御で最も重要なラインとされている筋連鎖です。



体軸は定義としては「重力線の延長線上に形成された意識」と定義されていますが


意識は構造の存在するところに形成されます。


そこで、「体軸」が通ることで、横隔膜や腸腰筋が活性化されるのであれば

この2つの筋が属している「DFL」全体が活性化されますし、

逆に、このDFLを活性化させることで

「体軸」を通しやすくすることができます。




「体軸」はドローインしてせっせせっせと体幹筋を締めて「固定」させても

できません!!


では!!!