理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

知識ではなく、体験を

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。




みなさんもご存知のように今年からセミナー講師として活動させていただいております。



2月には個人的な活動として杉長さんとのコラボセミナーから始まり


今では代々木アンダー・ザ・ライトさんという日本最大のヨガスクールの

セラピスト部門である

ホリスティックヘルスケア研究所さんと業務提携して


「HB-RH リファインドリハビリテーションアプローチ」、通称「レフリハ」を始動させました。




このレフリハは必ず一大ムーブメントになると思っています。




なぜなら、「レフリハ」は

強烈な「体験」を生むからです。




セラピスト業界も

空前のセミナーブームで

PT協会のHPはもちろん

色々な団体でセミナーが乱立していますね。



それが悪いことではないですが


感動を生めるセミナーってどれくらいあるんだろうって思うんです。



私もそれなりにセミナーを受けてきましたが

ほとんどが受ける必要のないものでした。




基本的な解剖学や運動学に終止するセミナーばかりで


「こんなん自分で勉強してきたわ!!」って内容ばかりなんです。




まぁ、それで「勉強になった!!」なんて言っている受講者が多いんであれば

やはり、今のセラピスト業界のレベルってのはそのレベルであって

今の厳しい現状も必然だったんだろうなって思います。







そういった点で言っても

レフリハは

コースの内容自体も

リハビリテーション職種が「マッサージ屋」と思われたくないから、敬遠しがちな

筋・筋膜系のアプローチから始まり(しかも、それが医師の診断を覆せるようなアプローチです)


経絡やクラニオなど


リハビリ職種が触れることのない知識という


商品として(言い方は悪いですが)


魅力的なものであるだけでなく






体軸理論に基づいて

施術者の身体という

今までにない角度から

治療のレベルを上げ


それを強烈に体験できるように作り上げられたレフリハ。





レフリハの講義では明日から即使える知識に厳選してあるので


小難しい理屈はやや乏しい部分もあるかもしれませんが



小難しくすることは誰にでもできます。


本当に難しいのは

シンプルにすることなんです。



小難しい話を聴けば、なんとなく勉強した気になるかもしれません。


しかし、それを臨床に生かせるセラピストがどれだけいるでしょう?


多分、ほとんどいないと思います。



小難しい話で勉強した気にさせて、受講者を食い物にしている講師がどれだけいるんでしょうか?



レフリハはそんなことはありません。


明日から即使えます。


知識をちゃんと効果が出るようなコツを体軸理論でしっかりお伝えします。





受講者の方々からも

「今までの治療技術が格段にアップして患者さんから喜ばれた」

とか

「手術適応だと言われた知人に当てはまったのでやってみたら、治った」などといった感想を頂いています。



そんなレフリハのセミナー・・・

是非、受講してみてください。




ホリスティックヘルスケア研究所
http://shop.utlr.me/


また、カートにはアップされていませんが

9月以降のレフリハもほぼ決定しています。


9月2日(日) レフリハ「腰下肢痛の評価・調整」 講師:波田野征美

9月9日(日) レフリハ「経絡① 運動器としての経絡~上肢編~(仮)」 講師:波田野征美

9月16日(日)レフリハ「経絡② 運動器としての経絡~下肢編~(仮)」 講師:波田野征美

9月22日(土・祝) レフリハ「結果に差が出る治療家の姿勢/身体作り」 講師:波田野征美

9月23日(日) レフリハ「内臓調整 基礎編(仮)」 講師:輪違弘樹

10月7日(日) レフリハ「内臓調整 応用編(仮)」 講師:輪違弘樹



とうとう、レフリハコース後半戦も始動です。


タイトルも日程も変更の可能性もありますので、定期的にホリティックヘルスケア研究所のワークショップ予約ページをチェックしてくださいね!


では!!!