理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

レフリハ講師ミーティング

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!



日付は変わってしまい、さっさと眠りたいところですが


頑張ってブログ更新です。




さて、21日(木)は病院が休みだったので


夜から恵比寿に赴き

橋龍三さん

榎本くん

輪違くん(理学療法士として成りあがるには

堀江くん(ゆとり世代の理学療法士 堀江直樹の挑戦



と一緒に馬肉料理専門店の「馬喰ろう」さんで

レフリハ講師ミーティングでした!!!



とても美味しい馬肉をリーズナブルに提供していてとても良いお店でした。

馬のレバー刺しは初めて食べましたが、牛と似ているようで本当にわずかに香りも違い

これまたとても美味しかったです!!




そんな料理に舌鼓を打ちながら


とても熱いトークを繰り広げました。




もうね。

みんな、すごい人ばかりで

私みたいな凡人は大変ですよ。

ついていくだけならまだしも

追いついたり、

追い越されないようにしたり

場合によっては(というかコレが主)引っ張っていかなくてはいけないので

本当に必死ですよ。



いつもいつも、いかに自分が凡人なのかを思い知らされますわ。

まぁ、だからこそ私が「最強」だと思っているし

そうなるようにしているわけですが。




それはそれとして


過激な内容も含みつつ(笑)

今後の展望などをシェアできました。




ホリスティックヘルスケア研究所の良いところは


やりたいことをやらせてくれるところですね。



どこの団体とは言いませんが


トップのワンマンで

自分のやり方以外を認めずに



他の団体で少し活動したり

他のテクニックを勉強しようもんなら

「お前は間違ってる!!」だなんて


自分のコンフォートゾーンの中で身動き取れないようにしておくなんて

くだらないマネはしませんわ。

まぁ、そういう人は

単純に怖いんでしょうね。


自分を追い越されたり

自分以外の人のところに行かれてしまったりが





そんなやり方ではいつまで経っても進歩しません。

お互いに切磋琢磨しながらね。




レフリハの講師陣も

まだ付き合いは短いですが、結束は強いです。



でも、ただの仲良しでは終わりません。


仲間意識は持ちつつも

それぞれが超個性的なので

ホリスティックヘルスケア研究所以外の

活動の場をしっかりと持ち

自分がトップを獲るつもりでやっています。


だから、新しいアイデアがどんどん生まれています。



現在、走っているレフリハの部位別も

8月に私が一気にやる予定です。


私の臨床経験をたっぷりと話させていただきます。

先日、開催した「腰~下肢痛」は大好評でした!!


「ヘルニア」だと診断されて、どんな治療をしても治らず、オペの可能性が出ていた人を

私の講義での治療を試してみたら、治った

という声も頂いております。



同じような現象を

8月に開催される予定の「頭頚部痛」、「膝足部」、「肩関節、胸郭出口」の3つの部位を対象に起こせればと思います。



そして、まだ開催されていないコースも動き出しますよ。





とても楽しみです!!!

では!!!




$体軸コーディネーター波田野征美~体幹の時代から体軸の時代へ~-SBSH0162.JPG