理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

新年度の目標

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com

どうも、体軸コーディネーターの波田野です!!!


今日は療法士,comさんのブログテーマ「新年度の目標」です。




新年度が始まり


私が働く大友外科整形外科もスタッフが充実してきました。


先日、書きましたが

2週間ほど前から元・世界トップアスリートの片山さんが理学療法士として加入しただけでなく



今週から、非常勤ですが「ゆとり世代理学療法士 堀江直樹の挑戦」の

堀江くんも加入しました。



いや~、彼をスカウトしてよかったです!!


片山さんもかなりの刺激になりましたが、

堀江くんの加入もめちゃくちゃ刺激になってます。





現在、4人のPTがいますが

4人ともまったく違うタイプなので

面白いです。


私が徒手的に筋膜とせっせとリリースして、構造を作り直すことで

機械的なストレスでの症状だけでなく、内臓だとかメンタルだとかっていうところにアプローチしていくかと思えば



片山さんはほとんど徒手療法はせず、ひたすら運動療法、しかもセルフエクササイズ中心で動きを作るアプローチをしていき


その中間に正統派の石井くんがいて


そこに昨日から意識の世界にアクセスして、治療していく堀江くんがいる。



濃いわぁ。


特に何が面白いって


石井くんを除く3人が

高岡理論を中心として、体軸を考慮していながらも

3人ともそこへのアクセスの仕方がまったく違うというところ。



いやぁ、毎日楽しいです。





うん。


前置きが長くなったところで


ブログテーマですが


まず・・・

大友整形外科のスタッフとして

病院を盛り上げることですね。


埼玉県の北本市という

何にもない片田舎の小さな外来クリニックに(しかも築数十年)

世界最新鋭のトレーニング機器がズラっと並び


理学療法士もこれだけ濃いメンバーが揃い


事業の構想もとても面白いものができそうです。

このまま保険下に依存していては必ず崩壊しますからね。

このメンバーで自費診療ブースなどを立ち上げたりしたいですね。



それと平行して、まだまだ最新鋭のトレーニング機器の性能を完全に生かしきれてないので

それを使うトレーナーチームたちの実力の底上げが必要ですね!!

というか、そこが今後のカギになってるんですよねぇ。


彼らの実力がもっと上がれば、患者さんがある程度状態が改善してきたら、

そちらに任せて、PTが必要な患者さんの治療ができますからねぇ。


もちろん、彼らの実力次第ではそちらでの自費の構想もできますし。







病院以外では・・・


やはりホリスティックヘルスケア研究所の活動ですねぇ。


母体がすごく大きく、活動の幅がものすごい広い団体なので


せっかく、ここに声をかけてもらって

しかも、私が「リーダー」とまで言われているので


期待になんとしてでも応えないとですし、

ここでの活動が必ず閉塞感を感じている理学療法士たちの手助けになると思っているのです。



なんといっても、代表の高橋龍三さんは

波田野に多大な影響を与えた高岡英夫先生の

弟子ですからね!!!



体軸理論で、現在の常識となっている剛構造の体幹レーニングをひっくり返したいのです。



体軸理論みたいに

色々な要素を包括するような

身体に関するコンセプトがバッチリ決まれば

治療とかの知識が繋がりますからねぇ。



逆にいえば、ほとんどのセラピストが

「人とはどうあるべきか」というコンセプトがない状態なのに

要素ばかり集めているだけだから

いまひとつ結果に繋がらなかったりするんですよね。



よく「ボトムアップトップダウン」と言いますが

ほとんどのセラピストが「ボトムアップ」しかできない

もしくは「ボトム」しか考えておらず、アップできてないですからね。






まぁ、そんな感じで


2つのフィールドを活発化させていきます!!


では!!!