理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

新柏「柏リセット整体院」に行ってきました。

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。


昨日、3月10日は

タイトルのように

新柏にある「柏リセット整体院」に治療を受けに行ってきました!!!



こちらの院長・永井先生理学療法士ですが

開業して

しかも、大成功しているすごいお方です。



治療内容はタッチforヘルスというテクニックを使っています。




んで、波田野は人の施術を受けるというのは初体験。



でも、セルフだけだと中々ケアできない部分もあるので

受けてきましたよ。




相談した症状は


ここ1~2年、自転車踏み込むときや歩行で接地するときに

膝の外側が痛むことがあったり


10年くらい前から左小指に振戦に出るという点。





そういったところを治療してもらったのですが


まず膝の痛みとしては前脛骨筋の付着部なのでL5。

そこから経絡の繋がりとかで

そのほかの異常部位などを的確に言い当て

そこのエネルギーの流れを整えていただきました。



実は、永井先生に言われた部位は

私自身がセルフでケアしていくなかで

「ここの動きがでればなぁ」と色々と試行錯誤していたところでした。


そのすべてを言い当てるだけでなく、すべての部位同士の関連性を

とてもわかりやすく説明していただきました。



そして、一番ドキっとしたのが

左小指の振戦。


ここは小腸経とか心経が関連している部位。


心経あたりはその名の通り、心に関係する場所らしく

さらに「ここは自己否定とかの感情なんだけど・・・」と言われ


ちょうどこの指の症状が一番強くなった時期って

波田野の暗黒時代で

精神的にイっちゃってた時期なんですよね。



Syrup16gというバンドが大好きで

「生活」という曲の歌詞で「君の存在価値はあるか?そして、その根拠とは何だ?」とか「君は死んだほうがいい。」とか

っていうのに、すごい共感しちゃったりしてたんですよね。


本当に「自分はこの世に必要とされてない人間なんだ。」とか思ってましたし


とにかく破滅願望の塊でしたよね。


そこらへんも解放していただきました。



そんな感じで

経絡や対応する脊椎に触ってもらっていただけなんですが


身体が変化していくのを感じられ

施術後は、姿勢も変わって、動きも変わりました。



波田野、2年前に自転車の練習中に

車と正面衝突しまして


警察の人から「何で生きてるの?」と言われるくらいに

吹っ飛んだんですよね。


でも、ほぼ無傷だったんですよね。

地面に叩きつけられたときに右下肢を軽く打撲しましたが

その程度で翌日から普通に仕事してましたからね。

相手の車も全損になるくらいの衝撃だったので

警察からは「絶対に頭とか打ってるはずだ!!」とかいわれましたが

ヘルメットも無傷だったし。



でも、やはりその衝撃は身体に確実に影響を残していて

それが今の左半身の不調として出てきていたようです。




本当に色々と繋がりました。




永井先生には「気の流れが速いから、すぐに治ると思う。」と言われましたが

これは定期的に通いたくなるような

面白い施術でしたね。






そんな感じです。


では!!