理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

セラピスト?ボディワーカー?

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



先日、患者さんにこう言われました。

波田野先生の治療は1回の治療で痛みが取れるってわけではないけれど、確実に身体が変わってきますね。」と。


うん。
まぁ、ケースバイケースですけどね・・・。


1発1発の治療で症状に直接アプローチするケースもありますが


上記の患者さんは疲労性の慢性腰痛だったりするんで

身体の構造を整えるようなアプローチにして

じっくり効果を出していきます。




でも、こういった言葉を頂くのが嬉しいですね。

私はセラピストというより、ボディワーカーの色合いが強いと思っていますから。



何が違うの?という疑問がでてくるでしょうが・・・


ロルフィングでは(とはいっても、私はロルフィングのコースを受講しているわけではありません)

ボディーワークの目的を

リハビリテーションや治療ではない。二次的な効果として慢性症状の緩和などが挙げられるが、本来的には身体機能、身体バランスの向上が目的である」としています。




私も元々は肩凝り・腰痛を持っていました。

高校の時は野球部でしたが、ボールが投げられなくなるほどの腰痛に悩まされて途中で退部してしまいましたし


働き出して、自転車競技を始めてからは膝痛にも悩まされました。
もちろん、腰痛もです。



しかし、今ではそのような症状はありません。

もちろん、疲労が溜まれば腰が重いくらいはたま~~~~~にありますが

症状というほどのものではありません。



どうやって治したかというと・・・


私はストレッチポールを使ったコアコンディショニングやピラティスや高岡理論、胴体理論、体幹操法

身体のバランスを、身体の構造を整えることで

改善させました。

去年からヨガも始めましたしね。


ここ何年かはコアコンやピラティスが謳う「ドローイン」が意味ないことに気付いて

ドローインをやめてからは、本当に調子良いです。




なのでね。


一般的な理学療法士柔道整復師などのように

手技療法で治療するよりも


ボディワークで

統合していくような

施術が好きですし


私自身が実際に経験しているわけですから

これ以上ない説得力ですよね。


もちろん、手技療法でも

そこらへんの国試系セラピストよりも

はるかに高いレベルだと思ってますし

先日のセミナーで受講された方々はそれを実感していただけたと思います。






んなわけで、その患者さんの一言で


改めて、自分はボディワーカーなんだ!!と気付かされましたよ。





ボディワークのコンセプトで身体を統合していくというコンセプトのなかで

理学療法士としての経験に裏打ちされた

症状に合わせたピンポイントでの手技療法を組み合わせたいですね。


まぁ、みなさんやっていることでしょうけど。




そんな徒然です。


では!!!