理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

セミナー直前です

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。





私のアプローチの中心は筋・筋膜系の徒手療法です。


筋・筋膜系のアプローチって、どうしてもマッサージにしか見えないんで

あまりやりたがらないPT多いですよね。


やりたがらないだけならいいんですが、中にはそういうアプローチをレベルが低いと思っていて

関節系・骨格系のアプローチのほうがレベルが高いとまで言っているセラピストもいると思います。



でも、そんなことはないですよ。



なんだかんだで、姿勢なんですよね。


関節系のアプローチでピンポイントの動きだしても

姿勢とか動作が根本的に変わるわけないんで

効果が長続きすることはないですね。




関節の動きとかも外傷じゃなければ、結局は筋で動かされるもんなんで

ちゃんと筋・筋膜系のアプローチしてあげれば

自然と関節の動きも出るし

姿勢や動作も変わるんで

再発の可能性は少なくなる印象です。




んじゃ、なんで筋膜系のアプローチが低くみられがちなのは

やっぱり、大勢の人のアプローチが単なる慰安的なマッサージレベルを脱していないからじゃないでしょうか?


筋・筋膜系のアプローチが悪いんじゃなくて、セラピスト自身の問題かもしれませんよね。

まぁ、それは関節系のアプローチでも同じなんですが

筋・筋膜系のアプローチの方が繊細なタッチが求められます。





私の治療は筋・筋膜系のアプローチばかりなんで、すごく簡単に見えます。

たしかに発想自体はシンプルです。


でも、そのシンプルな発想の精度を高めるために

色々なことは考えてますし


何よりもタッチですね。


セラピスト自身の体軸を整えて、患者さんと調和して

リリースしていきます。



それで、ちゃんと治っている人はたくさんいますよ。



確かに腰痛なんかでもほとんどの原因は不明とかいう報告が出てますよね。

その不明な原因が

内臓とかだったり、精神的なものだったりするかもしれませんが


そういうのも、姿勢で治るもんですよ。

内臓由来で細かいアライメントが崩れたり、姿勢が崩れたりで症状がでることもあるので

逆もまた然りです。


姿勢を整えることでそこらへんにもアプローチできます。


その姿勢を治すためにしっかりと筋膜系のアプローチを行っていれば大丈夫です。






んなわけで、シンプルで誰でもとっつきやすい筋・筋膜系のアプローチの精度を上げるためのセミナーの開催まで

もう残りわずかです。

2月5日の杉長さんとのコラボセミナーも

定員まで本当~~~~にわずかに空きがありますよ。


都合がつく方は是非ともいらしてくださいね。



「患者さんと一緒に元気になる自分軸セミナー」

講師;杉長彬、波田野征美


日時:平成24年2月5日 10:00~16:30 

場所:さいたま市民会館おおみや 第2集会室
 大宮駅東口下車徒歩15分 ・ さいたま新都心駅東口下車徒歩17分

    〒330-0844 さいたま市大宮区下町3-47-8

受講料:7000円

主催:リハビリコミュニケーション研究所

対象:PT・OT・STなどリハビリ従事者、その他医療福祉従事者

定員:30名

受講者へのお願い :床での施術となりますので、持ち物に、ヨガマットやバスタオルなどの敷く物 運動できる服装を必ず持ってきてください。






申し込みはこちら





2月5日に都合がつかない方は



2月19日(日)に代々木アンダーザライトで

「治療家のための身体作りシリーズ」を行ないます。

http://shop.utlr.me/?pid=38759508



では!!


絶対に面白いセミナーになりますよ!!