理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

やりがい?

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com


どうも、体軸コーディネーターの波田野です。


今日は療法士.comさんのブログテーマ「療法士としての仕事にやりがいを感じるときは?」です。


色々な場面がありますねぇ。



まぁ、治療家としては当然の話ですが・・・


やっぱり一番は

患者さんを治せたときですね。


まぁ、何を持って「治せた」と言うかっていうのは難しいところですが


私の場合は、器質的にどうしようもない状態以外は

完全に患者の主訴を取り除けない限りは、基本的に達成感は感じません。

「完全に」ですよ。

いくら患者さんに「ありがとうございます!!」と心の底から感謝されても

私の中でベストな状態に持っていけない限りはダメなんです。

それはエビデンスがどうこうは関係ないです。

私はエビデンスを超えたいのでね。


とはいっても、ベストなんてのは本当に難しくて

実際にはよりベターな選択しかできてないので


そういう意味では

やりがいだったり、達成感を感じたことは

一度もないかもしれません。


あとは、基本的には1回の治療で治したいですしね。

1回で治すってのは、本当に無茶かもしれないし

仮に回復であっても、そういう急激な変化は身体には負担がかかることなんですけど


それでも、そういった好転反応のストレスがなく、1回でどんな症状もすべて治したいと思ってるし、無理でも無茶でも、そこは目指さなくてはいけないのかなと。



患者の自己治癒能力は重要だけど、私はそれを前提にしてしまうと

甘えになってしまう危険性もあるのではないかと思うのです。




もちろん、患者さんが満足してくれればそれでいい部分もあるんだけど、

治療家としてはそれで終わらせるわけにはいかないですね。




んなわけで、治療家と患者さんをいう間でのやりがいや達成感は前述のように感じたことはないかもしれませんが



それ以外では、いくつかあります。



まずは・・・


医者が「改善は無理!!」って言っていた患者さんを


「いやいや、これは全然違いますね。」って言って、ちゃんと改善させた時なんては

これぞ醍醐味だと思いますね。


基本的に私は「たかが医者」だと思っています。

もちろん、医者にしかできないこともたくさんあるので、その辺は尊重していますが

だからといって、あらゆる場面で「医者の下」が前提だなんて馬鹿馬鹿しいと思っていますし

治療家の地位を高めるには、そうやって「医者の処方なんて必要ではない!!」って言える治療家が増えることだと思っているのです。






他には、他のセラピストが「治せない」って手こずっている患者さんは

ちゃんと改善させたときも

やっぱり「どうだ!!」って思いますよね。



基本的に、治療家って患者さんと担当を決めて治療するため

周りと比べることが難しいですし

そもそも、一般のサラリーマンみたいな

競争社会が好きじゃなくて、こういう道に進んでいる人もいると思うんですけど


やっぱり、競争がないと進歩はないですからね。



だから、私は医者や他のセラピストが「治せない」と言っていた患者さんを

「治す」ことにとりあえずのやりがいは感じていますね。




そんなとこですかね。