理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

今年はまっとうな内容を勉強?

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



昨日は高橋龍三さんとミーティング後に

新宿アンダー・ザ・ライトの新年会に同席させていただきました。




激ウマのワインを頂いたり

YMOのライブ盤の完成度の高さにテンション上がったり


その後は龍三さん、マサさん、仁平さんと4人でカラオケ行ったりと


とても楽しかったです。


思い切って「新年会行ってもいいですか?」って聞いてみてよかった。





まぁ、そんなわけで


年明けの長期休暇も残り半分です。



んで、今年も大忙しの予感です。



今年はもう少し理学療法の勉強を増やしていこうかなと思ってます。


なんだかんだで、理学療法はすごいですからね。


マズイのは大半の人がそうであるように、理学療法しか知らないことと

その狭い世界の中だけの「統計学エビデンス」に縛られてしまっている現状ですが


そのエビデンス自体は有用なものも多いですし

それは他の分野のセラピストやトレーナーたちにはない絶対的な武器ですからね。


ただし、それはベースでしかなくて

実際的なテクニックなどでは、まだまだ他の代替医療とかより遅れている部分も多いのです。


なので、今まで勉強してきた理学療法以外の内容を

より精度の高いものにしていくために

もう一度、理学療法の知識を見直してみようかと思ってます。


それは自分の腕だけでなく


今の自分の社会的な立場から

今の理学療法業界を盛り上げていくために必要なことですね。





では。