理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

Knee Inの矯正 Part.2

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



今日は前々回のブログで書かせていただいた

Knee In Toe Outの矯正Part2です。



今回使用する道具も

もちろん、「コアステップ棒(体軸棒)」!!!


今回の使用方法は「踏むだけダイエット」にも載っていない


オリジナルの方法です。



どんなセッティングかというと・・・



$体軸コーディネーター波田野征美~体幹の時代から体軸の時代へ~-SBSH0098.JPG



体軸棒を、足趾の第4列に合わせて踏みます。



<体軸棒なし>
$体軸コーディネーター波田野征美~体幹の時代から体軸の時代へ~-SBSH0100.JPG


<体軸棒あり>
$体軸コーディネーター波田野征美~体幹の時代から体軸の時代へ~-SBSH0101.JPG


ん~~~、わかりにくいかな?

でも、確実に矯正されます。



なぜかというと・・・



足部は第1~3列までは、荷重の足となります。
だから脛骨直下のウナ荷重は間違ってません。
距骨に荷重していきます。

そして、第4~5列は舵取りの足となります。
ここには踵骨も含まれます。

この第4~5列が働いてくれない状態でウナに荷重をかけてしまうと、アーチを潰してしまいます。

ウナで荷重しつつも、外側でバランスを取っていく必要があるのです。

というわけで、体軸棒を第4列に配置して

そこでバランスを取らせながらスクワットを行うことで、アーチ機能を促通できますし

そこでバランスを取るためには膝がその上に来なくてはいけないので、脛骨がしっかりと立ちます。
Knee Inを抑えることができます。


内側部は浮かせてますよ。





お試しください。



では!!!




体軸棒を入手するのには・・・



コアステップ棒で踏むだけダイエット (マガジンハウスムック)/著者不明

¥1,260
Amazon.co.jp

体軸棒で、体軸を作る! (特製ツール・体軸棒付き)/著者不明

¥6,300
Amazon.co.jp



こちらから。