理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ヨガ棒届きましたよ~!!!

Body&Mindヨガを主催している峯岸道子先生が考案し、今秋に発売されました

ヨガ棒が届きました~~~!!!


体軸コーディネーター波田野征美~体幹の時代から体軸の時代へ~-SBSH0083.JPG



セルフタイマー10秒設定で、自分で撮影したため

大慌てでポーズ取ったからか、力んでますね。
3軸ではなく、2軸に入ってる気がします。

この写真を投稿したら、さっそく峯岸先生から「そ~っとね。筋肉には仕事させないように。」と言われてしまいましたよ。


まぁ、何はともあれこのヨガ棒。

峯岸先生が脳卒中片麻痺を患っているクライアントの方の麻痺側を楽に動かすために試行錯誤して生み出されたそうです。


脳卒中片麻痺と言われたら、理学療法士は黙ってられませんよ。



とりあえず、使ってみると

ヨガのアーサナが楽々です~!!!


戦士のポーズとか三角のポーズなんかで胸を開きやすいのもそうですが

立ち木のポーズで骨盤と股関節が気持ちよく開いてくれて感動です。

戦士のポーズⅢでも、下肢がピンと伸ばせます。

ねじり系でも軸取りやすいし

とにもかくにも、ゴキゲンなギアですねぃ。


テキストに載ってない色々なアーサナでも色々と研究してみよう!!


古武術の胴体トレーニングでも活躍しそう。





んなわけで、同僚のヨガをはじめたばかりのPTも

「ヨガ棒使ってみたい。」というので、使用してもらったら

「いいね!!」と。



また、その同僚は戦士のポーズでどうしても大腿四頭筋が疲れちゃってキツイとのことだったので

チェックしてみたら、2軸に入ってましたね~。

前側の下肢に荷重が寄ってましたし。

というわけで、後側の股関節にも乗せて、3軸を取れるように骨盤を調整してあげたら

「おぉ~、すげえ楽だ~!!」と

「これは感動だ!!!」とも言ってましたよ。


あと、下向きの犬のポーズでも

「腕が疲れちゃうんだよね。」と言っていたので


(体軸ヨガでは取り上げられてないけど)波田野の経験上、1軸ではないかと思うので

その意識でやってもらったら「おぉ、腕が疲れないなぁ。」と言っていましたよ。
まぁ、まだまだ身体が固くてきついみたいですが。





いやはや、体軸ヨガは本当に面白いですねぇ。


アーサナに対応した体軸をきっちり使い分けることで、劇的に上達しますね。
この上達っぷりに、必ずクライアントの方に感動を与えられるでしょうね。

そして、その体軸を感覚的ではなく、きっちりと解剖学的・運動学的に説明しているのは

体軸ヨガだけ!!!




講師コースで取り上げられてないアーサナの体軸も

色々と試していくぞ!!