理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

体軸コーディネートの感想いただきました。

今日はアーユルヴェーダキネシオロジー、インド占星術を駆使する作業療法士のAKIKOさんから体軸コーディネートの依頼を頂いたので

セッションさせていただきました。


AKIKOさんが早速、感想をブログにアップしてくださいましたよ。
ココロとからだをつなげよう / セラピストのヘルスサポーター@Akiko


Akikoさんは2軸ベースながらも、占いをやっている方なので

話ている最中にス~っと1軸に入っちゃう人でした。


でも、普段からヨガなどでケアをしていて柔軟性もあるし

エネルギーセラピーをやっている人なので

身体感覚が良いですね。

3軸の感覚もすんなり掴んでいましたよ。

まだまだ弱いですけど、すぐに強くなるでしょうね。



セッションの流れとしてはまずストレッチポールで身体をリセット。

直前までストレッチポールでゆるめるか、teateなどの徒手でゆるめるかで悩んでいたのですが

徒手でゆるめると、眠くなっちゃって、その後の運動療法に移行するのが大変だし

ケイ先生の施術を受けたことがあるみたいなので、徒手療法で半端なことはできんなと(笑)


その後は、極めて地味~な脊柱ワークで体軸を獲得するための仙骨・腸骨アライメントを引き出したり

体軸棒使って、実際に軸感覚を入力してみたりしました。



セッション後はAkikoさんも軸感覚が取れて、スッキリされたようで一安心です。



波田野の使う運動は本当~~に地味なんですよ。

テレビなんかで売れっ子トレーナーの方たちがやっているような

派手で、いかにもなエクササイズはほとんどしません。

すごいシンプルなものです。

上達の秘訣はシンプルなことを、黙々と、自分の身体と向き合いながら丁寧に積み重ねていくしかないんですね。



だからこそ、期待に応えられえるか本当に不安でしたが

シンプルな運動だからこそ、自分だけじゃうまくできないことを体感していただけましたし

丁寧に使えば、身体は変わることも体感してもらえたかなと。



お互いの空気感も合っていたのか

リラックスしたセッションにもなりましたしね。



ちょっとした雑談などもあって

最初にシミュレーションしていたエクササイズを全部やることはできなかったけど(4軸系のヒーリングを行うときの軸以外の細かい身体意識とか)


そういったコミュニケーション自体が身体をゆるめるセッションのひとつですし

そういったコミュニケーションから「あっ、じゃあこれを教えてあげよう。」とエクササイズを処方できたので

そういう点でもAkikoさんに「楽しかった。」と言ってもらえた要因の1つかもしれないですね。


エクササイズはあまり詰め込みすぎても、こちら側の押し付けになってしまいますからね。

貴重な体験をさせていただきました。



当初の予定ではヨガのアーサナの軸意識は説明するつもりなかったですからね。


でも、面白かったのは
Akikoさんが「鋤のポーズ」がお気に入りだったこと。

あのアーサナ・・・1軸ですからねぇ(笑)

やはりAkikoさんは1軸持ちですね。
普通はそのポーズは窮屈ですよ。





あぁ、あと3軸や4軸を入れるときのイメージに

仙骨をたくし込む」とよく言われますが

波田野が提案する「棘突起の踵化」の方が

しっくりくると言う方が多いですね。




まぁ、とりあえず

体軸コーディネーターとしてのフリーの依頼は初だったので

不安もありましたが、楽しんでもらえてよかったです。



おかげで自信になりました。


では!!!