理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

ヒトは地上最速の動物だった

ヒトは地上最速の動物だった 高岡英夫の「神速」走行理論/高岡 英夫

¥1,365
Amazon.co.jp



我らが高岡英夫大先生の新刊です。



久しぶりにすごいのでました。


先生の名前を世間に知らしめ、今だにバイブルとして挙げられる名著「究極の身体」から数年。

ずっと身体意識や軸関連の本ばかりだったのですが(もちろん素晴らしい内容です)


久しぶりに「動く」ということにトピックスを当てた本な気がします。


というわけで、今回の本は

「究極の身体」の運動科学に

「身体意識」をアップデートさせた

ひとつの集大成的な内容となっております。




本書の中で「ヒトはチーター並の速さで走ることができる」と書いてあり

すごく突拍子もなく聞こえますが

高岡先生が言うなら、本当なのだろうと思わざるを得ないくらい説得力があります。




軸の使い方なんかも、理学療法的にもつじつまがあうし

私自身の競技経験からもつじつまが合います。




是非、読んでください。


これは素晴らしい本です。




では。