理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

体軸で変化

どうも、体軸コーディネーターの波田野です。



今月から体軸ヨガが始まり、

相変わらずの自分の股関節にできないアーサナがいくつかあって四苦八苦しているわけですが

毎日せっせせっせと胴体トレーニングで股関節を捉えているうちに

確実に柔軟性が出ていて

ダブルピジョンのポーズも不恰好ながら、足を肘にひっかけてできるようになりました。



というわけで、体軸を改めて整えているわけですが

色々と身体が変わってきている気がします。


まず、「腹が減る」。

単純にトレーニングしているからかもしれませんが

元々、通勤で自転車のトレーニングをしているし、業務中の少し空いた時間だったり、昼休みにトレーニングをしているので

運動量は多いのですが、ものすごく空腹感を覚えるということはないんですね。

でも、今月に入ってから

体軸ヨガを始めてから、本当に腹が減ってしょうがないのです。





次に「徒手療法の感度」。

前々からも他の療法士よりも徒手療法には定評があったりしたのですが

体軸ヨガで3軸を意識しだしてから、精度が明らかに上がりました。

筋のグニュグニュしたリズムをより明確にわかるようになったし

よりリリースされてきているし、患者さんの身体も自己修復が目に見えるくらいにパキパキ動く。

患者さん自身も「なんか、骨がパキパキ動いてますね・・・」とか「全身に血がめぐっているようで、温かくなりますね。」と言っている。




他にも「疲れにくい」。

今まではこれでもかってくらいの2軸タイプで

イケイケだったので

午後の4~5時くらいには頭がクラクラしていたのですが

3軸を意識してからは、1日通しても全然平気。

たまに2軸に入るときは明らかに頭が疲れだすので、そのときに百会に意識を持っていって3軸にすると

平気になる。




あとはイライラしにくかったりと


本当に色々と変わってきてる気がします。







面白いですね。