理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

体軸ヨガ初日

今日は新宿アンダーザライトに「体軸ヨガストレッチ」の講師養成コースの1日目でした~。



高岡英夫大先生の体軸理論をヨガに応用して、体軸を作り上げていくというものです。



波田野も高岡英夫大先生の影響が大きいので、3軸を作り上げる訓練をしているものの


実際に3軸を作ろうとすると、めちゃくちゃ難しいですね!!
ってか、できね~!!

ヨガでもアシュタンガとかパワー系のヨガなんかは2軸優位らしいし、恐らくほとんどの流派が2軸中心なのではないでしょうか。

てか、波田野は自転車競技者ということでひたすら前方意識なので

なおさら2軸形成のためのトレーニングを重ねてきたのでしょうね。

それはそれで競技特性としては大きな問題にはならないのかもですね。



とはいっても、自転車以外の日常生活ではやはりどちらにも拠らない3軸を作り上げなくてはなりませんね。

3軸を作ることができれば、2軸も4軸もうまく使えるはずです。






というわけで、3軸を作るために色々と指摘されたポイントは

波田野が体軸とアナトミートレインの関係性を考察するなかで

「オレはこのラインのバランスが崩れているなぁ。」と思っていたところなので


3軸を作れている人から客観的に指摘されたことで

今、取り組んでいることが間違っていないことに自信を持てたので

このままガンガンやってくか。

また来週もあるので、急ピッチで仕上げていこう。



オレは胴体の「丸く」が苦手なんだなぁ。

腹直筋と大腿直筋の機械的接続が強すぎるのと、腰椎レベルの脊柱起立筋が引き上げられてるな。
腹直筋のトーンも低いんだろうなぁ。

あと内腹斜筋の短縮と外腹斜筋の低緊張もなんだろうなぁ。





メンタルとの関係性も、年明けのセミナーの内容をさらに強化できるものだったし

思い切って、このコースに申し込んだのは正解だったな。





こういう軸形成の違いが流派の違いになっていくわけで

今日はとにかく戸惑ったけど

3軸形成の理屈自体はそもそも頭では理解していたわけで

実際に体験して、その知識とリンクさせることはできたので

絶対にアジャストしてやる!!!!



やってやるってばよ!!