理学療法士・波田野征美の『波田ログ!!』

理学療法士の波田野がセラピストとしてトレーナーとしての日々

なんとなくですよ。

理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com


今日は療法士.COMさんのブログテーマです。
「なぜ理学療法士になりましたか?」



そんなに胸張っていえるような理由はないですねぇ。

なんとなくです。


私の場合、野球をしていて

怪我で挫折しましたが

だからといって、リハビリはしたことないんで理学療法士の存在なんて知りませんでしたし

「自分が怪我したから、それで困っている人を救いたい!!」とかも当時は考えたことないですしねぇ。


そもそも、当初は中学校の教師になることが夢でしたしねぇ。

そこで野球を教えたかったんですよねぇ。


そんな波田野が高校2年の終わりごろに

ふと「スポーツトレーナーもやってみたいなぁ。」と思って

調べたら、たまたま理学療法士のページを見つけて

野球部を退部したとは赤十字の奉仕団にも所属していたので、

なんとなく「これはよさそうだ。」と思っただけです。



まぁ、そんなわけで

入学してまもなくして「あれ?スポーツのことなんて全然勉強しないじゃん。脳卒中とかどうでもいいんだけど・・・」と

学校を辞めようかと何度も考えましたが

幸運にも、専門学校時代に仲良かったグループの数人がアスレチックトレーナーの学校を卒業or退学した人で

その人たちが「トレーナーなんて、持ってても役に立たない。」と言ってくれたため、そのまま理学療法士になれましたよ。



まぁ、そんな志の低さでしたが


まぁ、それが逆に良かったかなぁと。


変に理学療法の枠に捉われなかったかな。



基本的にスポーツ系をやりたかったんで、怪我がうんぬんよりも

単純にどうしたらパフォーマンス上がるかなぁって考えてたら

自然と身体の正しい動きってのを勉強できたし

それが患者さんの治療に役に立つようになりましたしねぇ。


最初から「理学療法~~~!!!」ってなってたら

いつまでもリハビリのままのショボイ理学療法士になってたでしょうね。




そして、今でも将来の展開は

トレーナー系です。



とはいっても、理学療法士としての治療をおざなりになんてしていませんよ。


むしろ、自分も怪我が多かったし

腰痛・肩凝りもあったけど

それを自分で治したし

そんな症状のない身体がどれだけ幸せなことかを自分で体験しているので

それを患者さんにも味わってほしいし


他のセラピストの方にも知ってほしいですからね。




では。